チコ・ ロドリゲス テキーラガンダム デビュー した。. 名前空間 ページ ノート." /> 珍しくためになるかもしれない文学的トリビアとしての「古典主義とロマン主義」(あるいは魔法の世紀における芸術), 古典主義 文学 日本
    • ??????

古典主義 文学 日本

細部
作成した 05.10.2020
著者: Akiko
ビュー: 249

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

翻訳文学は、明治10年代(年 - 年)になってさかんに西欧の文学作品が移入され広まった。代表作は 川島忠之助 が翻訳した ヴェルヌ の『 八十日間世界一周 』( 年 )、 坪内逍遥 が シェイクスピア の戯曲『 ジュリアス・シーザー 』を翻訳した『自由太刀余波鋭鋒』( 年 )である。. これに対し、自由・民主主義の空気を背景に、「 白樺 」で活動した 白樺派 の人々は、人道主義を主張した。『 お目出たき人 』( 年 )『 友情 』( 年 )の 武者小路実篤 や、『 和解 』、『 城の崎にて 』(ともに 年 )の 志賀直哉 、『 或る女 』(年)の 有島武郎 、『 多情仏心 』( 年 )の 里見弴 らである。特に志賀直哉の 私小説 ・ 心境小説 は 純文学 の規範として同時代の若い小説家たちに多大な影響を与えた。.

代表的な技法・材料 フレスコ - テンペラ - 油彩 ( 油絵具 ) - 水彩 - ガッシュ - ディステンパー - アクリル絵具 - パステル - 色鉛筆.

戦時体制の強化により プロレタリア文学 の小説家たちは弾圧を受け、政治性や思想性を放棄した 転向作家 が続出した。 中野重治 の『村の家』や、 高見順 の『故旧忘れ得べき』(年)などが 転向文学 の代表である。また、危機的な時局を背景に国粋的動向とともに 保田與重郎 や 蓮田善明 ら 日本浪曼派 の文学活動が見られた。.

表示 閲覧 編集 履歴表示. モリソン: また良い例を思いつくね、美佐子ちゃん。では「兎」に私の物差しをあてはめてみよう。A~Dまでそれぞれ25点ずつ、合計点満点とします。. 短歌は、 俵万智 、 枡野浩一 、 穂村弘 らのライト感覚の 口語短歌 がマスメディアでたびたび脚光を浴びたが、短歌界は旧態依然とした文語和歌が主流で、短歌全体の盛り上がりにはあまり結びつかなかった。俳句は、有力な新しい才能が現れなくなり、文学の領域から消失しかねないほどに衰退した。. こうした 写実主義 的な近代小説が充実し始める一方、政治における 国粋主義 的な雰囲気の高まりにともなって、 井原西鶴 や 近松門左衛門 らの 古典文学 への再評価が高まった。年、 尾崎紅葉 、 山田美妙 らが 硯友社 をつくり、「 我楽多文庫 」を発刊した。 擬古典主義 のもと、紅葉は『 二人比丘尼色懺悔 』( 年 )や『 金色夜叉 』( 年 )を発表した。 幸田露伴 は『 露団々 』、『 風流仏 』(ともに 年 )、『 五重塔 』( 年 )などの小説のほか、評論や古典の解釈など幅広く活躍した。紅葉と露伴の活躍した時期は「紅露時代」と呼ばれた。.

25 24. - - - .

詳細は「 大正ロマン 」を参照. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. あわせて読みたい記事 背景を知る. 自由劇場 や 芸術座 の活動が演劇界に大きな影響を与え、 戯曲 の創作が盛んになった。 岡本綺堂 の『 修善寺物語 』( 年 )、 倉田百三 の『 出家とその弟子 』( 年 )、 菊池寛 の『 父帰る 』( 年 )などの作品が発表された。.

当初自然主義文学に傾倒していた 永井荷風 は、欧州から帰国後、『 ふらんす物語 』( 年 )を発表。荷風に激賞された 谷崎潤一郎 は『 刺青 』( 年 )や『 痴人の愛 』( 年 )などを書き、後期ロマン主義とも呼ばれる 耽美派 が生まれた。これは「 スバル 」「 三田文学 」を中心に活動した。ほかに 佐藤春夫 、 久保田万太郎 に代表される。.

新感覚派の流れを受け継ぎ、 新興芸術派 の解体後に優れた業績を残したのが 堀辰雄 と 伊藤整 の 新心理主義 である。 ジョイス や プルースト の 心理主義 の影響を受け 精神分析 や深層心理の芸術表現を試みた。なお、この時代には 小林秀雄 が『 様々なる意匠 』(年)で登場し、 近代批評 のスタイルを確立した。. フォーヴィスム - キュビスム - ダダイスム - 未来派 - ノヴェチェント - イマジズム - ヴォーティシズム - ブリュッケ - 表現主義 - 新即物主義 - ミュンヘン新芸術家協会 - 青騎士 - シュプレマティスム - 構成主義 - 新造形主義 - デ・ステイル - ピュリスム - バウハウス - アール・デコ - シュルレアリスム - エコール・ド・パリ - モデルニスモ.

  • 第二次世界大戦の敗北 の後、日本語の表記には 現代仮名遣い ・ 新字体 化という改革が行われ、全国規模の メディア の発達によって、日本文学にさらに大きな変化がもたらされた。.
  • 日本の近現代文学史 (にほんのきんげんだいぶんがくし)では、 近代 ( 戦前 )と 現代 ( 戦後 )における、 日本文学 の 歴史 を述べる。. カテゴリ : 日本文学 日本文学史 文学運動 モダニズム 戦前日本の文学 戦後日本の文学.

the literary establishmentgrand narrative. Lyrical Ballads .

純粋なる日本を思い出させる「擬古典主義」

美佐子ちゃん: つまり、A. ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ. モリソン: つまり、明治から現代に至るまでの様々な作品を大きく2種類に分けるというシステムね。すなわち、.

AD25. 10 - .

このクリエイターの人気記事

初期キリスト教美術 - ロマネスク - ゴシック - 国際ゴシック. 戦時体制の強化により プロレタリア文学 の小説家たちは弾圧を受け、政治性や思想性を放棄した 転向作家 が続出した。 中野重治 の『村の家』や、 高見順 の『故旧忘れ得べき』(年)などが 転向文学 の代表である。また、危機的な時局を背景に国粋的動向とともに 保田與重郎 や 蓮田善明 ら 日本浪曼派 の文学活動が見られた。.

戦後派のうち 島尾敏雄 や 梅崎春生 の傾向は、「 第三の新人 」と呼ばれる 安岡章太郎 、 吉行淳之介 、 遠藤周作 、 小島信夫 、 庄野潤三 、 阿川弘之 らに受け継がれた。 第一次戦後派作家 、 第二次戦後派作家 の次に現れたため、「第三次戦後派作家」という意味の「第三の新人」と呼ばれる。第三の新人以降、 年 に 石原慎太郎 が『 太陽の季節 』( 年 )で「戦後の最初の宣言」として文壇に華々しく登場し、 芥川賞 の存在が一躍有名になった。その後、 大江健三郎 、 開高健 、 江藤淳 、 北杜夫 などの有力な新人が登場する。. 大衆文学では 源氏鶏太 の『 三等重役 』(年)や 城山三郎 の『総会屋錦城』(年)、 山口瞳 の『 江分利満氏の優雅な生活 』(年)など後の 経済小説 へと繫がっていくサラリーマン小説の分野が現れた。時代小説・歴史小説の分野では 胡桃沢耕史 、 司馬遼太郎 、 山崎豊子 、 平岩弓枝 、 池波正太郎 、 杉本苑子 、 永井路子 、 陳舜臣 、 早乙女貢 、 豊田穣 、 笹沢左保 、 吉村昭 、 伊藤桂一 らがこの時期に登場した。 五木寛之 は年に『 蒼ざめた馬を見よ 』で直木賞を受賞し、『 青春の門 』(年)などの群像小説や随筆を発表する。推理小説では 高木彬光 や 都筑道夫 、 結城昌治 、 松本清張 、 黒岩重吾 、 水上勉 、 鮎川哲也 、 多岐川恭 、 西村京太郎 、 森村誠一 らが登場する。SF御三家と呼ばれる、 星新一 、 小松左京 、 筒井康隆 もこの頃に活躍を始める。後に『復讐するは我にあり』(年)で直木賞を受賞するノンフィクション作家の 佐木隆三 もこの頃から作家活動を始める。.

口語詩が次第に完成されていき、 室生犀星 、 佐藤春夫 、 山村暮鳥 らがそれを高めた。とくに『 道程 』( 年 )の 高村光太郎 、『 月に吠える 』( 年 )、『 青猫 』( 年 )の 萩原朔太郎 は口語自由詩を確かなものにした。一方、 堀口大學 は訳詩集『 月下の一群 』( 年 )を発表、この時期に再評価された 上田敏 の訳詩集『海潮音』とともに、名訳詩集として高い世評を得た。.

SF. [16] [13] [15] [13] [15] [15] [15].   …….

[現代文]大学受験の近現代文学史を攻略する③――写実主義と擬古典主義②

最終更新 年2月28日 金 (日時は 個人設定 で未設定ならば UTC )。 テキストは クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス の下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は 利用規約 を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 統計 Cookieに関する声明 モバイルビュー. 象徴詩 では 薄田泣菫 、 蒲原有明 が活躍し、その後を受けて 北原白秋 、 三木露風 らが台頭。「白露の時代」と呼称された。薄田泣菫や蒲原有明らの象徴詩には、 上田敏 の訳詩集『 海潮音 』( 年 )の影響がみられるが、『海潮音』そのものが一般に知られ、名詩集としての評価が定着するのは上田の死後の大正期のことである。.

ドイツから帰国した森鴎外は翻訳詩集『 於母影 』( 年 )を、北村透谷は『 楚囚之詩 』(年)、『蓬莱曲』( 年 )を出版した。透谷の「 文學界 」に参加していた藤村は『 若菜集 』( 年 )を、藤村と並称された 土井晩翠 は、『 天地有情 』( 年 )を刊行。これら ロマン主義 的な詩は 浪漫詩 と呼ばれる。「 文庫 」では 河井醉茗 、 横瀬夜雨 、 伊良子清白 が活動した。.

AD25.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -古典主義 文学 日本

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      10.10.2020 12:42 Hayami:
      Dの 「自己言及的媒介」 は、現代風にいうとメタフィクション的な要素で、つまり作品の語り手が自ら語るというプロセスを意識したり強調したりしているということですね。例えば芥川龍之介の「 葱 」 では、語り手が、明日までに原稿を出さねばならぬので、今から急いでこの架空の物語を提供するぞ、という仕組みになっている。. ロサス失脚後のロマン主義に位置づけられる作家には、『アマリア』の ホセ・マルモル や、 ガウチョ文学 ( 英語版 ) の大成者であり、「アルゼンチンの聖書」とも呼ばれる 叙事詩 『 マルティン・フィエロ ( 英語版 ) 』(年)を著した ホセ・エルナンデス の名が挙げられる。.

    ????

    ???