• ??????

ダーク ナイト ライジング 評価

細部
作成した 26.10.2020
著者: Miyo
ビュー: 973

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

日本で映画がヒットするには 「女性が何度も観に行けるか」 「カップル、家族で観られるか」という点が大事 だ。. かなり複雑で手がかかっているのが分かる。これが『ダークナイト ライジング』が、観客を無駄に混乱させる要因となっている。 この計画の最終目的はふたつある。『バットマン ビギンズ』でバットマンによって倒された悪役・ラーズ・アル・グールの「罪の街ゴッサムを滅ぼす」という意志の引継ぎと、バットマンへの復讐である。 だからこそベインは、ゴッサム・シティを占拠し、デント法の欺瞞を暴き無効化、囚人を解放し、街を混沌状態にした。 ここでベインは、前作のジョーカーと同じように、市民にチャンスを与えてもいる。つまり、閉鎖された空間の中で善良な市民達が結束し、新たな秩序を取り戻すことができれば、「堕落したゴッサム」ではないため、破壊されることはない。ジョーカーの計画を、今度はゴッサム・シティ全体で行おうというのだ。 とはいえ、今回のチャンスを生かすことは、あまりにも一般市民にとって困難だ。彼らにとって、いまやゴッサムは、核爆弾を持ったテロリストに武力で支配されているという、あまりにも極端な状況になってしまっており、その中で正常な判断や正義を求めるというのは酷な話だろう。 そして、そもそもこのベインが市民に決断を迫った、という真意自体が、観客にとって分かりづらい。上映時間のわりに、その説明がおざなりになってしまっている。.

さて、ノーラン版「バットマン」の着地点は、果たして最良のものだっただろうか。 私は、まだ問題をはらんだ『ダークナイト』のラストの方が、「バットマン」作品としてはしっくり馴染み、考えさせるようなものになり得ていたのではないかと思う。 実際の社会は依然として暗く、戦争・紛争も、国内問題も道筋が立たない。これを、作品の中で無理に解決してやる必要はない。どのような作り方をしたとしても、それは絵空事に近いようなものに見えてしまう。 とくに、ノーラン版「バットマン」は、リアリティを追求したダークな風合いがあったからこそ、その価値があったのである。これでは、よくあるコミック・ヒーローの陳腐な映画と、本質的に変わらないことになる。 そればかりか、『ダークナイト』で自ら罪を引き受け、警察に追われたバットマンの孤高の決断は、『ダークナイト ライジング』では否定され、そのことが「デント法」の成立を助けてしまう。 悪と正々堂々と渡り合う「ホワイトナイト」の脆弱さは、『ダークナイト』ですでに描かれており、やはり3作目は、2作目で描いた、徹底した悪の強さと苦い現実というような要素さを取っ払ったおかげで、きわめて単純化した正義の勝利に帰結してしまい、はるかに浅薄になっていることは否めない。 「彼はヒーローじゃない、静かなる守護者、目を光らせる番人、ダークナイト…」 ゴードン本部長が息子へ語りかける『ダークナイト』のラストが、ノーランの「バットマン」には相応しい。.

共感した! (共感した人 4 件). そして、「バットマン」に限っては、ただ源点に遡ればその本質が掴めるかというと、そうでもない。存続過程で、様々なアーティストの意匠が加えられ、作品の表現に新たな概念が加えられてもいるからだ。 つまり、観客ひとりひとりのイメージする「バットマン像」が多岐にわたり、しかもそれらの評価も各人で異なるため、そもそもノーラン版を観るまでも無く、いつも「バットマン」自体の評価には混乱が発生することが必至なのである。. 上映中の「ジョーカー」を観てバットマンを観ないとと鑑賞 ビギンズからダークナイトを得てなんとか面白くなってきたかな、と思う矢先に、「なんでいきなりそうなる?」「どこからそんな情報がいきなり入手できる?」「なんで?」というような本線ストーリーのために、伏線なしで物事進めるから意味不明なことがたくさんに。 ゴッサムシティはそんなに単純な世界なのかしら? 途中からこういうもの、と思ってみたら腹立たなかったけど… マリオンコティヤールという美人さんのご出演は良かったです やはり目の保養、人を魅了する女優さんがいないと。 バットマンって、やはり金持ち坊ちゃんの暇つぶし道楽にしか思えず ダークヒーローというのがこれなのね、と認識は出来ました 3部作の中ではこれが一番飽きずに観れましたが、基本やはりバットマンは好みではなかったです.

要所要所でロビンの勘がよすぎる。 マリオン・コティヤールは好きだけど、地獄育ちのわりにワイルドさがないし、そもそも華奢すぎないか? そして地獄で育って教育もままならない子供が世間に出てどうやって父を探せたんだ? ベインと戦ったバットマンが万策つきて目眩ましの爆竹を投げたり、それって有りなの? ベインはほぼ不死身のはずなのに、最後あっさりキャットウーマンに殺されるし。 それに比べてゴードン警部のタフなこと。 ゴードン警部と言えば、バットマンがブルース・ウェインって事に気づくの遅すぎでしょ。. ハンバーグ さん. 一方の ベインはラーズ・アル・グールの遺志を継ごうとする 。 その為に 再びゴッサムを堕落させ、しかるのちに破壊 しようと目論む。.

2… 3.     ! 3 3 1.

そういう表現を切り捨てるノーランの心理に、「コミック的表現を信用せず、映画の写実的表現よりも、ひとつ下に見ている」部分が全く無いといえば嘘になるだろう。そして、原作ファンがそこを怒る権利もあるはずだ。 『ダークナイト』評のときに既に書いたが、そもそもクリストファー・ノーランは、アクション映画やコミック風の映画を撮る上では、突出した才能に欠ける作家である。ハリウッドの無数の監督の中でも、標準以下とすらいえるかもしれない。 それは、例えばかつてディズニー・スタジオで個性を発揮していたティム・バートンの持つような豊かなイマジネーション、さらにジョエル・シュマッカー版のバットマンのファンに悪名高い『バットマン&ロビン』に比べても、絶望的に貧困な絵づくりや、取捨選択や省略がうまくできないというような演出・編集からも理解できるだろう。 とくに恋愛描写は不得意中の不得意だ。これは『ダークナイト ライジング』の不可解で説得力の無い、いくつかのロマンス描写を見れば明らかなはずだ。 だがそれらが妙なリアリティを発生させるという結果にもつながっているのは、構図やアクションシーンの野暮ったい間の抜け方が、現実と地続きのように感じるからだ。 それは『インセプション』のアクションや夢の世界の造形、雪山でのアクションシーンなどが、イマジネーションに溢れていないからこそ、逆に現実感を持って恐怖を醸成することに成功している事実と通底したものがあるだろう。 だから、ノーランが彼自身の「バットマン」シリーズで、自らの才能を生かすには、おそらく前述したような演出上の奇策をとる以外に方法がなかった。いや、というよりそもそも彼は、おそらくそういうふうにしか映画に関われないのだ。 彼は、自分の才能の欠如をおそらくは意識していて、その上で優れた映画を撮るべく、弱点を武器に変えながら、少しずつ実直に前進を見せるのである。. しかし、ノーランの「バットマン」を語るとき、評価している観客同士であっても、何故か議論が噛み合わなかったり、反撥の原因になったりするのをよく見かける。 それは、「バットマン」という作品自体の持っている「複雑さ」に起因するものだと思われる。 年に生まれた「バットマン」には、複数のコミック・アーティスト達によるいくつもの版の原作コミック、スピンオフの「ジャスティス・リーグ」、小説版、アダム・ウェスト主演の往年の実写TVシリーズや、いくつものアニメシリーズ、実写映画には年代に作られたふたつの連続活劇もののシリーズ、アダム・ウェスト主演映画版「オリジナル・ムービー」、ティム・バートン監督版、ジョエル・シュマッカー監督版、そしてノベライズ作品やヴィデオ・ゲームと、考えうる限りのメディア・ミックスを果たした、超人気作品なのである。これらほぼ全てを網羅する観客は、相当な「バットマン」マニアであることは間違いない。そこまでの知識の無い観客達には、「バットマン」についての前提知識の差が、様々な段階で見られることになる。. の ウォール街占拠デモ(Ocuppy Wall Street) に関係はあるのか」という質問に対し、「関係は無い」と明言している。 「ウォール街占拠デモ」とは、一般市民が、アメリカの経済格差問題への不満を、富の象徴であるウォール街を人の輪で封鎖することによってぶつけ抗議するという運動である。 ノーラン達は、そもそもウォール街占拠デモの報道があったときには、もう脚本を書き上げていたのだという。 むしろここでは、先述の年の「ウォール街大暴落」が下敷きとなっており、その状況に、現実が繰り返し追いついてきたという偶然の一致である。 メイキング映像を見ると、先述の暴動シーンには、撮影の準備だけで8ヶ月を費やしているらしい。この脚本が通り、プロジェクトが始動し始めた後では、よほどのことがない限り、またワーナー・ブラザーズ上層部の英断を期待しない限りは、各シーンの大幅な変更は難しいだろう。 見ようによっては、この市民デモは、ベインによって扇動されたおろかなゴッサム市民と重ねられてしまうおそれがあっただろうし、実際に一部では指摘されている。 ノーランがゴッサム・シティのシーンをいくつもカットしているという話も漏れ聞く。これをあわせて考えると、おそらくは偶然の一致で似たようなシチュエーションが発生してしまい、同一視されるのを怖れた制作陣が、最終判断でいくつものゴッサム市民の描写をカットせざるを得ない状況に追い込まれたのではないかということだ。 何にしろ、ここで主役になるはずのゴッサム市民達の描写は、あまりに少な過ぎる。.
  • 前作のジョーカーの印象が強く残りすぎて今作は敵に魅力が感じられなかった。 しかしそれを補うアン・ハサウェイがとにかくセクシー、これだけでも見る価値あり。 三部作見終えて主人公のブルース・ウェインに最後まで感情移入することはできなかった….
  • マリオン・コティヤールは個人的に「 世界で一番英語が聞き取りやすい 俳優」である。 しかし、彼女はフランス人なのであった。. 共感した! (共感した人 0 件).

エンタテインメント度が一番高い。

このような引用の先には、主人公ブルース・ウェインが経験した、「両親の死」という悲劇と孤独が重ねあわされており、またコウモリという不気味な象徴に、主人公の心が支配され発狂していくという契機ともなっている。 ブルース・ウェインはバットマンとなり、ゴッサム・シティに巣食う悪党やマフィアを狩る不気味な、そして闇を抱え静かに発狂したダーク・ヒーローへと成長していくのだ。. バットマンの出現によって、より狂った、より凶悪化した悪役が登場するという皮肉な構図は、「報復によって、新たな脅威が生まれる」という、アメリカの政治状況のカリカチュアライズでもあるだろう。もちろんこれは、コミックでも暗示され、TVアニメーション版でも指摘されていた部分だ。 果ては、ゴッサムシティのどこかに潜伏しているジョーカーを探し出すため巨費を投じ、市民の携帯電話を利用して、街を巨大な盗聴システムで監視し始めるバットマンは、市民の命を守るためとはいえ、明らかに純粋な正義とは逸脱することになる。 ここで思い出すのは、盗聴機をアメリカの有力者の住居などに仕掛けたFBI初代長官エドガー・フーヴァーであり、さらに年にブッシュ政権が成立させた、政府当局の権限を大幅に拡大させた対テロ用の法律、 「米国愛国者法(USA PATRIOT Act)」 だ。 「愛国者法」は、テロ防止を理由に、国内の人々のプライヴァシーや人権に踏み込む危険な法律である。その内容は、入国者の拘束、承諾の無い家宅捜索、令状を必要としない「電話、電子メール及び信書、金融取引の記録の閲覧」、そして図書館の帯出記録閲覧(映画『セブン』で描かれた違法捜査が合法となってしまった!)や、所得情報を、司法当局が調査できるというものだ。 しかしこのような法律は、人権保護の意味で、合衆国憲法に反することは間違いなく、実際に連邦裁判所がこの条項に対し、違憲であるとの判断を下している。 これは、政府が9.

予告動画 年5月23日. クリストファー・ノーランの脚本上のねらいについて、他の角度から考察してみたい。 もともとコミック版「バットマン」着想のモデルになったのは、エドガー・アラン・ポーの、アメリカ文学の最高傑作のひとつに位置づけられている、謎めいた物語詩「大鴉(The Raven)」である。. ベインについては、多くの不満点がある。 悪役が重要な「バットマン」シリーズであるからこそ、その悪役の個性や本質に迫った描き方をするのが、映画としての筋の通し方であろう。 ベインはもともと明晰な頭脳を持ち、論理的思考でバットマンの正体を割り出したほどのスマートさを見せるキャラクターではあるものの、その最大の特徴は、やはり マッチョイズム であろう。 であるならば、あの暴走トラックを追うような空中アクションのスペクタクルをクライマックスに持ち込まず、あくまでバットマンとベインの肉弾戦が決着となるべきだ。 ぶつかり合いで、徐々にお互いの機能を失っていく、「肉体の対話」を描いてこそ、ベインを悪役へと据えた意味があるのであり、その戦いに「アメリカの姿と復権」を重ねるのが、ノーラン版「バットマン」としての本道だったのではないか。 結局、ベインはキャット・ウーマンが操縦するバット・ポッドから放たれた小型のミサイルによって、吹っ飛んで息絶えてしまった。.

数ヶ月の間生き埋めにされていた警官たちが地下から脱出すると、衣服の乱れもほぼなく、ベインが率いる市民軍と元気に戦闘する場面に至っては、ほとんどギャグにしか見えない。しかもその戦い方は、無策にも、大挙して突っ込むという信じがたい作戦だった。 彼らは、この長期間どうやって生活をしていたのか、そして、この期間考えていた戦法が、愚直な正面からの殴り合いだったのか。このリアリティのあまりにも欠如した姿に、彼らはもう人間でなくロボットとしか思われなかった。今まで、現実とのボーダーを無くそうというスタイルを貫いてきただけに、よけい不自然さを感じてしまう。.

1210. :           X-MEN  .

良くできているが前作ほどでは

ダークナイト 2枚組 [Blu-ray] posted with カエレバ. 前作と比較されたり、色々な意見はあると思いますが、3部作のラストとして、よく纏めてくれたなぁという感謝の気持ちです。 バットポットでのバットマン登場シーンがこの映画で一番好きなシーンです。. 奴隷解放の父と呼ばれた、第16代大統領エイブラハム・リンカーンは、アメリカ社会について、このように指摘している。 「私には、近い将来の危機が見える。・・・あらゆる富は少数派の手に握られ、この共和国、人民が支配する国は、破壊される」 リンカーンの指摘は現実のものとなり、アメリカ議会は、現代の日本や多くの国と同じように、有力な企業の中の、少数の人間たちによって支配されている。彼ら企業は、利益と利権の独占の目的で、あらゆる法律を操作し、コントロールするのだ。それが、深刻な格差問題をさらに悪化させていることはいうまでもない。そう考えると、微々たる政府の社会保障や、企業の寄付などは、都合の良い目くらましに過ぎないのだ。また、アメリカの国防費は、教育費の7倍であり、保健医療費の15倍である。 企業の利益追求と、パラノイア的な軍備の増強…この問題の象徴となったのが、今回のブルース・ウェインであるのは明白だろう。.

2 [Blu-ray]. [Blu-ray].

「物事の終わらせ方」という点である。

自己としてのバットマンは死 に、 象徴としてのバットマンの精神はゴッサムで生き続ける 。. バットマンが閉じ込められた牢の話をしたい。ベインがバットマンを、地獄の絶望に突き落とすことを意図して閉じ込めたアレである。 今までリアリスティックな姿勢を見せてきたシリーズにしては、なんとも漫画的で安っぽいセットに見えた。ノーランのイマジネーションの貧困さが露呈してしまったシークエンスだといえるだろう。 「奈落」と呼ばれる難攻不落の堅牢なので、見るからに、絶対に脱獄不可能な設計でなければならないはずなのに、ただ筒型の内部をよじ登るようなものであり、かつそれほど難易度が高くなさそうに見えるのも問題だ。もちろん、これは『バットマン ビギンズ』で描かれた井戸を連想させるものである必要があったのは理解できるが。 それにしても、ジャンプをしなければならない箇所の困難さも、そこでジャンプをする必然性も、映像を見る限りではあまり伝わってこない。潤沢な制作費を投入したわりに、この程度の表現しかできないというのは、映像作家としては少々まずいのではないかと思わせる位のズサンさであった。「ジャンプが成功した、失敗した」という情報が、全く身体性を伴っていないのだ。.

光の騎士の罪を一身に引き受け街から姿を消したバットマン。8年が経ち、平和が訪れた街に傭兵のベインが現れ…。 ダークナイト・トリロジー最終作。3作通して再鑑賞するとDCEUに比べノーランバットマンは脚本の丁寧さが光る。丁寧すぎて尺は長いものの満足度も高い。. ダークナイト ライジング 劇場公開日 年7月28日 予告編を見る. かなり複雑で手がかかっているのが分かる。これが『ダークナイト ライジング』が、観客を無駄に混乱させる要因となっている。 この計画の最終目的はふたつある。『バットマン ビギンズ』でバットマンによって倒された悪役・ラーズ・アル・グールの「罪の街ゴッサムを滅ぼす」という意志の引継ぎと、バットマンへの復讐である。 だからこそベインは、ゴッサム・シティを占拠し、デント法の欺瞞を暴き無効化、囚人を解放し、街を混沌状態にした。 ここでベインは、前作のジョーカーと同じように、市民にチャンスを与えてもいる。つまり、閉鎖された空間の中で善良な市民達が結束し、新たな秩序を取り戻すことができれば、「堕落したゴッサム」ではないため、破壊されることはない。ジョーカーの計画を、今度はゴッサム・シティ全体で行おうというのだ。 とはいえ、今回のチャンスを生かすことは、あまりにも一般市民にとって困難だ。彼らにとって、いまやゴッサムは、核爆弾を持ったテロリストに武力で支配されているという、あまりにも極端な状況になってしまっており、その中で正常な判断や正義を求めるというのは酷な話だろう。 そして、そもそもこのベインが市民に決断を迫った、という真意自体が、観客にとって分かりづらい。上映時間のわりに、その説明がおざなりになってしまっている。.

A Tale of Two Cities Barnaby Rudge. 2 [Blu-ray].

(2)2時間44分、奇跡の物語

アルフレッドの出番少なかったけど、ラストが良かったです。 3部作すべて観ることで、バットマンの面白さというのが理解できた気がしました。. ウェイン産業の乗っ取りを謀ったジョン・ダケット役は ベン・メンデルソーン 。 『アニマル・キングダム』 『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』等 印象的な作品に出演している。 近作の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』でもいい味を出していた。. 奴隷解放の父と呼ばれた、第16代大統領エイブラハム・リンカーンは、アメリカ社会について、このように指摘している。 「私には、近い将来の危機が見える。・・・あらゆる富は少数派の手に握られ、この共和国、人民が支配する国は、破壊される」 リンカーンの指摘は現実のものとなり、アメリカ議会は、現代の日本や多くの国と同じように、有力な企業の中の、少数の人間たちによって支配されている。彼ら企業は、利益と利権の独占の目的で、あらゆる法律を操作し、コントロールするのだ。それが、深刻な格差問題をさらに悪化させていることはいうまでもない。そう考えると、微々たる政府の社会保障や、企業の寄付などは、都合の良い目くらましに過ぎないのだ。また、アメリカの国防費は、教育費の7倍であり、保健医療費の15倍である。 企業の利益追求と、パラノイア的な軍備の増強…この問題の象徴となったのが、今回のブルース・ウェインであるのは明白だろう。.

1210.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -ダーク ナイト ライジング 評価

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      30.10.2020 01:41 Chitose:
      全件中、1~20件目を表示 前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ.

      03.11.2020 11:17 Ren:
      の ウォール街占拠デモ(Ocuppy Wall Street) に関係はあるのか」という質問に対し、「関係は無い」と明言している。 「ウォール街占拠デモ」とは、一般市民が、アメリカの経済格差問題への不満を、富の象徴であるウォール街を人の輪で封鎖することによってぶつけ抗議するという運動である。 ノーラン達は、そもそもウォール街占拠デモの報道があったときには、もう脚本を書き上げていたのだという。 むしろここでは、先述の年の「ウォール街大暴落」が下敷きとなっており、その状況に、現実が繰り返し追いついてきたという偶然の一致である。 メイキング映像を見ると、先述の暴動シーンには、撮影の準備だけで8ヶ月を費やしているらしい。この脚本が通り、プロジェクトが始動し始めた後では、よほどのことがない限り、またワーナー・ブラザーズ上層部の英断を期待しない限りは、各シーンの大幅な変更は難しいだろう。 見ようによっては、この市民デモは、ベインによって扇動されたおろかなゴッサム市民と重ねられてしまうおそれがあっただろうし、実際に一部では指摘されている。 ノーランがゴッサム・シティのシーンをいくつもカットしているという話も漏れ聞く。これをあわせて考えると、おそらくは偶然の一致で似たようなシチュエーションが発生してしまい、同一視されるのを怖れた制作陣が、最終判断でいくつものゴッサム市民の描写をカットせざるを得ない状況に追い込まれたのではないかということだ。 何にしろ、ここで主役になるはずのゴッサム市民達の描写は、あまりに少な過ぎる。. グリフィスの『イントレランス』、そしてフリッツ・ラングの『メトロポリス』における群集の暴動シーンなどだ。 現在の映画制作の規模は、当時の大作のそれよりも、かなりスケール・ダウンせざるを得ないものの、『ダークナイト』の成功によって資金をより多く獲得したノーランは、そのような伝説的大作に近い表現が出来得る状態に、作家として興奮したことは想像に難くない。 だが、このスペクタクルが、ふたつの勢力のぶつかり合いであるならば、その両方の心理描写を周到に行ったうえで、少なくともその一方くらいは、観客に感情移入させる余地を与えなければならなかった。 このリアリティの欠如と、バックグラウンドの描きこみ不足による説得力の欠如により、残念ながらこの試みは完全に失敗していると言わざるを得ない。 これに対して、冒頭の飛行機を使ったアクションは、その時点ではベインの行動の謎に、サスペンス的演出という意義が重なっているので、あまり違和感を感じず楽しむことができる。.

      27.10.2020 00:12 Nyoko:
      といった具合だが、 バットマンは爆発自体を演出に使い自らを葬った(ように見せかける) のは流石である。 そしてそれは、 ラーズ・アル・グールの教え (派手な演出こそ目眩ましになる)というのが皮肉だ。.

    ????

    ???