• ??????

艦これ 徹甲弾 効果

細部
作成した 31.10.2020
著者: Koemi
ビュー: 90

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

まとめ ・新たに被帽を有する砲弾(被帽徹甲弾、被帽通常弾)が普及 ・これにより徹甲弾は正撃時の能力を大きく向上させるも、斜撃では限界あり。また炸薬や信管の問題も国によってまちまち ・装甲範囲の拡大に伴い榴弾(HE弾)よりも半徹甲弾が使用されるように ・実戦例は次に紹介する第一次大戦で紹介. その他に、最も厚い装甲を抜いて内側に損害を与えた例としては、垂直装甲であればビスマルクの砲塔や司令塔(最大mm改良KC鋼)を破壊したロドニー並びにKGVの主砲弾。 水平装甲なら、ジャンバールの各水平装甲(装甲甲板だけでもmm均質装甲)を突破し副砲弾薬庫で炸裂した米マサチューセッツの16インチ砲弾が挙げられる。 どちらも一次大戦時の例(垂直mm、水平80mm)と比べると結構な差が開いた事になる。.

一方で実際に主力艦に大きな損害を与えたのが、主に日本側が使用した 大口径榴弾の威力 である。 その効果で注目すべきは、以前述べたように 単純に戦闘力を奪うだけに留まらず、主力艦を砲撃による損傷のみで沈没させる 程の効果を上げた点である。 実際に日本海海戦で戦闘中に撃沈されたロシア戦艦は6隻で、いずれも集中火を浴びて戦闘力を失った状態であったが、その内ペレスヴェート級戦艦オスラビアとボロジノ級インペラトール・アレキサンドル3世は、火薬庫への誘爆やとどめの雷撃などもなく、被弾による船体の破壊と浸水のみで転覆するに至っている。  このような事は、 海戦史において前代未聞 と言えるレベルの出来事であった。.

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. まとめ ・この時期の徹甲弾は、硬化処理を施した厚く硬い被帽、斜撃に耐える弾体強度、自爆防止機構もしくは鈍感な炸薬と有効な遅動信管の組み合わせと言った要素が普及  ・これによって今まで紹介してきた問題が大きく改善され、冒頭の「砲弾の種類と役割」で述べたような「適切な能力」を持つものに大きく近づいた ・上記性能向上により対艦戦闘は完全に徹甲弾が主となり、一部の国では主砲に榴弾を配備しない例も存在した. まとめ ・新たに被帽を有する砲弾(被帽徹甲弾、被帽通常弾)が普及 ・これにより徹甲弾は正撃時の能力を大きく向上させるも、斜撃では限界あり。また炸薬や信管の問題も国によってまちまち ・装甲範囲の拡大に伴い榴弾(HE弾)よりも半徹甲弾が使用されるように ・実戦例は次に紹介する第一次大戦で紹介.

対空射撃回避と銘打っていますが、艦攻・ 艦爆 ・ 水上爆撃機 が敵艦から対空砲火を.

TNT TNT. 3 2 WG42 :.

爆雷、ソナー、攻撃機、爆撃機、オートジャイロおよび対潜哨戒機の対潜値が装備対潜値として扱われます。 小口径主砲、水上偵察機、小型電探の対潜値は単に無視されます 偵察機については [攻]検証スレ ,15年5月 。 素対潜には平方根が掛かるため、攻略上では装備対潜を大きくすることが重要となります。. 最終攻撃力については 次の節 で述べることとして、 防御力 と 弾薬量補正 について以下に説明します。. 日本側の貫通能力は、鹵獲されたボロジノ級戦艦オリョールで、厚さ6インチ前後のクルップ鋼に複数の命中弾がありながら、 一発も貫通弾がない 事が十分に証明している。 もちろん沈んだ艦の損害は残り辛いので、 選択バイアスである可能性もあるが 、他の生存艦への命中弾も大差ない状態である。 ただし例外的な物として、黄海海戦でペレスヴェート級ポベーダの主装甲帯を貫通した砲弾が一発存在する。命中箇所は最厚部ではなく水線下のテーパー部分だが、それでも報告書では8インチのクルップ鋼とされているので、例外的に厚い装甲を貫通した事になる。(おそらく不発になったのが功を奏したと思われる。この砲弾はさらに装甲背後の甲板傾斜部を貫通するが、その奥の石炭庫で止まっている).
  • E 信管 信管は 遅動信管である事 重要区画に達して炸裂させる事が最も重要。 実は弾底信管であればたとえ瞬発式でも、先述したタイムラグがあるので、装甲を抜いた後に炸裂する事も十分可能性である。だが重要区画に達するには遅動信管でなければならない。 遅動時間は様々な選択があるが、比較的短遅動と言われる0. 爆雷、ソナー、攻撃機、爆撃機、オートジャイロおよび対潜哨戒機の対潜値が装備対潜値として扱われます。 小口径主砲、水上偵察機、小型電探の対潜値は単に無視されます 偵察機については [攻]検証スレ ,15年5月 。 素対潜には平方根が掛かるため、攻略上では装備対潜を大きくすることが重要となります。.
  • 通常のプレイにおいては、前者の場合は無視して良いでしょう。 後者の場合における、より具体的な計算式としては、防御力の計算式から類推される次のものが現在では有力とされています。. 一見砲弾の形を保っているが、信管と炸薬(貫通後の炸裂)に働きに影響が出るような損傷 3.

九一式徹甲弾について

装甲表面に穴は開かず、凹み「圧痕」や 亀裂「クラック」ができる程度。 砲弾質量のすべてが装甲前面にある状態 これに加え装甲には、以下のような損傷が加わる可能性が存在する。 (衝撃により装甲の裏側や船体構造の一部が剥がれて飛び散った状態) (衝撃により装甲が割れた状態). 装甲貫通能力を重視したもの 2. 元々砲弾については 怪文書の補足ページ にて年ごろ解説を掲載していたが、時間が経つと内容の粗が目立ってきた+元ページの整理をしたいという理由から、今回内容を一新して別ページに作成する事とした。年9月7日公開。随時更新中. 水中弾効果については「装甲配置に関するメモ」でもまとめた通り多数が発生しており、その内ブルターニュや霧島など主力艦の致命傷になった例も存在する。   それを重視した九一式も(巡洋艦用を含めて)一応水中弾による戦果を上げてはいるが、戦艦同士の戦闘で命中弾を与える機会は第三次ソロモン沖海戦のサウスダコタへの一例のみ。それも徹甲弾はバーベットへの1発のみという事で、日本戦艦自体がそうだったが、本来の目的を達するには至っていない。.

なお九一式と言えば やはり下瀬火薬の自爆防止には限界があったのか、多少は鈍感なTNAに自爆防止クッションを組み合わせる方式となった点も注目される。 これをもって、ようやく ピクリン酸の呪縛 から主要国家の新型徹甲弾が完全に逃れる事になったのである。. 対地 艦爆 が1つでもあれば他の 艦爆 があっても対地攻撃する様です。. 余談だが戦後の新型艦では、この新型砲弾の存在に加え16インチやそれ以上の巨砲の計画が進むなど、攻撃側の能力は既存の装甲配置では対処不能である事は明らかであった。 それはつまり、前弩級戦艦の時代から巡戦フッドに至るまで維持されてきた、榴弾防御のための薄く広い装甲配置の限界である。これを受けて英国は重要区画への徹底的な集中主義へと回帰した新型戦艦を計画、これが条約後にネルソン級として就役。以降同艦の装甲配置は多くの戦艦で手本となっていくわけである。.

14kmmmmm ?     D   20267D. HE. 21 12        .

ステータスと装備可能な艦種

艦上爆撃機を装備している場合、地上施設は攻撃対象となりません。 また地上施設を攻撃対象とする場合、雷装は0として扱われるようです [攻]検証スレ ,15年9月 。. 読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる. 軽量でルート固定するか重量で 羅針盤 勝負するかは提督次第。. 様になった為、 艦爆 系 岩井爆戦と光電管彗星 の攻撃力も少しだけアップしています。.

,154 ,158 [] ,1510 ,154 ?      . HE. 5 6.

2. 自艦の受ける被ダメージについて

一方で装甲に対する砲弾の効果としては 日本の松島級(三景艦)が搭載したフランス製の38口径32cm砲について論じる事ができる。 同砲は海戦中における悲惨な発射速度で知られているが、それでも一発の威力は当時の主力艦に負けないもので、戦後の報告書によれは発射数にも関わらず定遠級へ命中弾を与えたとされている。. またこの時期は、炸薬として ピクリン酸 など、黒色火薬とは比べ物にならない威力を持つ爆薬が登場した時期である。    高勢弾 HE弾 の走りと言えるそれらの爆薬を充填した榴弾は、中小口径弾でも非装甲目標に多大な破壊効果を与える事が可能であり、上記の説を補強する事となった。 (なおピクリン酸は一部徹甲弾の炸薬としても用いられる事になるが、これが多くの海軍を悩ます問題の一つとなっていく).

前項で性能的には大きな一区切りが付いた徹甲弾だが、その後(一部では二次大戦の終結に至るまで)も改良自体は続けられている。 その内容は国ごとによって個性の見られるものではあるが、一応共通する点はさらなる遠距離砲戦への対応として、空気抵抗の少ないより先鋭な形になった事である。 これは 風帽の長大化 によって達成されており、本ページの最初に掲載した図のような形になったのはこの時期という事になる。.

. WG42. miss. wiki. 99 1212 1624. wiki .

1. 割合ダメージについて

米 駆逐艦 娘。固有対空CIが 秋月型 に肉薄する性能で非常に強力。. 軽巡軽量砲補正に関する検証は、十分に網羅されているとは言えません。 軽巡フィット主砲との関係や、艦型ごとに違いがあるかどうかなど、まだ確認されていない点は残っています。. この能力を大きく示す実験としては、年にバイエルン級バーデンを用いた射撃実験が挙げられる。  ここで同砲弾は距離14km相当の条件で、mmにもなる砲塔装甲を見事貫通している。と言ってもこれ自体は正撃に近い事からあまり現実的な能力を示すものではないが、それより重要な命中弾は、同条件でmmの上部装甲帯を 貫通後に下甲板付近まで進み炸裂 、ボイラー室内に被害を与えた一発だろう。 この例からグリーンボーイは、装甲貫通後も進んで重要区画に達してから炸裂可能という、徹甲弾にとっては 理想的な効果に近い能力を持つ 事を証明したのである。.

まず炸薬はロシア側が 湿綿火薬 (比較的鈍感だが威力は黒色火薬をやや上回る程度)であったのに対し、日本側は ピクリン酸 系統の下瀬火薬を採用、充填量も日本側の方が多かった。 これは非装甲部への破壊力や、火災や燃焼ガスによる敵艦戦闘の妨害といった役割において、日本側の榴弾が大きく長けていた事を意味している。 一方で下瀬火薬の使用は、貫通を本分とする徹甲弾において日本側にハンデを与えていた。鋭敏に過ぎて装甲に命中すると瞬時に 自爆して貫通する事が出来ない 可能性が高いのである。 さらに徹甲弾が用いた信管にも差が存在する。どちらも弾底部の着発信管ではあるが、ロシア側が作動を遅らせる 遅動機構 を有するのに対して日本側はそれを持たない 瞬発信管 であった。 この点も徹甲弾で装甲を貫通する上で問題である。(ただし日本側の信管が確実に作動するのに対して、ロシア側は不発率がやや高めという問題もあった).

mmKCKGV mm16 m80mm.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -艦これ 徹甲弾 効果

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      04.11.2020 05:10 Kazuko:
      引用をストックできませんでした。再度お試しください 閉じる. 最後は米国だが、日英と違って把握できていない部分がかなりある事を了承願いたい。    一次大戦期までの米徹甲弾の特徴は、年代にピクリン酸の威力に惑わされず、非常に 鈍感なD爆薬 (ピクリン酸アンモニウム)を採用していた点である。 これは日英砲弾と比べて優位な点かと思いきや、当時の実験では普通に自爆も確認されており、加えて信管も遅動信管であったが性能は安定せず。結局は両海軍とも大差ないものとなる。  この改善が進むのは20年代以降であり、まず炸薬は充填密度が問題であると判明し改正。信管についても26年に開発されたマーク7信管にて、安定した遅動機構とD爆薬を完全爆発させる事の出来る性能を両立。これによって自爆せず貫通後に重要区画に達する砲弾を獲得したと言えるだろう。.

    ????

    ???