• ??????

キリスト教 地獄 階層

細部
作成した 21.11.2020
著者: Kenji
ビュー: 939

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

ちなみに、この頃の倫理観では、強盗よりも盗人の方が罪は重いとされる。 強盗は抗う余地があるが、盗人はそれが与えられないため、らしい。. 上述した見解例ほどには大きな違いを見出さない見解からは、ゲエンナ(ゲヘンナ)、アド(ハデース)のいずれも、聖書中にある「外の幽暗」( マタイ )、「火の炉」( マタイ )といった名称の数々と同様に、罪から抜け出さずにこの世を去った霊魂にとって、罪に定められ神の怒りに服する場所である事を表示するものであるとされる [2] 。. アタナシオス信条 で永遠の地獄を告白している。.

カトリック文学では、カトリック信徒である14世紀イタリアの詩人 ダンテ・アリギエーリ は、その大著『 神曲 』の中で、九圏から成る地獄界を描き、地獄のイメージを決定づけた。 シェークスピア の ハムレット は 告解 のない死や、自殺者は地獄に落ちると理解している。ただし、現代のカトリック教会では、自殺は「自らのいのちを守り維持しようとする人間の自然の働きとは相反するもので、生ける神への愛とは正反対のもの [17] 」と断罪しながらも地獄に落ちるかどうかは明言しておらず、現実には本人が病的状態など苦しい状態に追い込まれているときには明確な意思が欠けており、引責能力を欠いている場合が多いとして、「自殺した人々の永遠の救いについて、絶望してはなりません。神はご自分だけが知っている方法によって、救いに必要な悔い改めの機会を与えることができるからです。教会は、自殺した人のためにも祈ります [17] 。」としている。. いずれにせよ、ベアトリーチェは、 愛 を象徴する存在として神聖化され、神学の象徴ともあると考えられている。地獄と煉獄を案内するウェルギリウスも実在した 古代ローマ の詩人であり、神曲の中では「理性と 哲学 」の象徴とされている。.

ただし、正教会において地獄とは、「自ら神を拒絶する状態」であり、神が人間を虐待する場所のようにはとらえない [30] 。. 大叫喚地獄(だいきょうかんじごく) 殺生、盗み、邪淫、飲酒、妄言をした者が落ちる地獄。熱鉄の鋭い針で、口も舌も何度も刺し貫かれ、抜かれてはまた生えてきます。これがなんと年も続くのです…。 6. その辺りも大いに含めて、 イタリア文学最大の古典 とされている。 らしい。 いや、僕は正直に言って、この作品を読んだことはない。 書店でチラっと見て 「なんだこの意味不明な文章は」 とか思って読むのを即やめたレベルである。 っていうかタイトルの読み方も知らなかった。しんきょくって読むんだね。 だがしかし。 駄菓子菓子。 なぜかまた興味を持ち直して、こんどはインターネットで神曲についてを調べてみたんだけれど、 これがまたとっても興味を惹かれる内容なのである。 特にダンテの地獄観が面白い。 「ああ、中世ヨーロッパのキリスト教徒はこんな事を考えていたんだ」 と深く勉強になるっぽいものなのである。 上記の通り、僕はこの本を読んでおらず、この本に関しての知識は せいぜい wikipedia を斜め読みして、個人ブログとかを数個見た程度のものである。 そんな僕が、ダンテによる地獄を、かなり大雑把にしてまとめた。 一緒にダンテ作『神曲』についての教養を深めようではないか。 実際に読む際への橋懸かりにでも使っていただければありがたい。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 物語概説 暗い森の中に迷い込んだ ダンテ は、そこで出会った古代ローマの 詩人ウェルギリウス に導かれ、 地獄 、 煉獄 、 天国 と 彼岸 の国 を遍歴して回る。 ウェルギリウスは地獄の九圏を通ってダンテを案内し、地球の中心部、 魔王ルシファー の幽閉されている領域までたどり着く。 そこから、 登るにしたがって罪が清められていく 煉獄山 を登り、煉獄の山頂でウェルギリウスと別れ、 そこで再会した 永遠の淑女ベアトリーチェ の導きで天界へと昇天し、 各 遊星 の天を巡って 至高天(エンピレオ) へと昇りつめ、見神の域に達する。 地獄概説 すり鉢上の大穴の形をしており、一番深い部分は地球の中心にまで達している。上記画像参照。 最上部の第一圏から最下部の第九圏までの9つの圏から構成されており、 地獄の階層を下に落ちるに従って、罪が重くなるという構造なのである。 ちなみに、 エルサレム の真下にあるらしい。.

西暦( ユリウス暦 ) 年 の 聖金曜日 ( 復活祭 直前の金曜日)、人生の半ばにして暗い森に迷い込んだダンテは、地獄に入った。作者であり主人公でもあるダンテは、私淑する詩人ウェルギリウスに案内され、地獄の門をくぐって地獄の底にまで降り、死後の罰を受ける罪人たちの間を遍歴していく。ウェルギリウスは、キリスト以前に生れたため、キリスト教の恩寵を受けることがなく、 ホメロス ら古代の大詩人とともに未洗礼者の置かれる 辺獄 (リンボ)にいた。しかし、ある日、地獄に迷いこんだダンテの身を案じたベアトリーチェの頼みにより、ダンテの先導者としての役目を引き受けて、辺獄を出たのである。.

5 19 [34] [35] ? [3]. …… 3.

霊、魂、陰謀論などに焦点を当てて書いています。海外記事の翻訳もしています。

府主教 イラリオン・アルフェエフ によれば、人が神から離れたことを実感する苦悩のシンボルとして「火」「寒冷」「渇き」「白熱の火炉」「焦熱の湖」などがあるが、西欧中世文学が創作した形象は物質的で粗野なものであり、永遠の苦悩の概念が歪められてしまったとされる。また 掌院 ソフロニイ は、 ハリストス(キリスト) は愛であること、最後の審判においてさえ神は人を愛し続けると述べている。ミケランジェロのフレスコ画『最後の審判』に示された神の怒り・裁き・侮辱・決闘応諾等の スコラ 的教えは、正教的理解と相容れる点が少ないとされる [3] 。. ウィキメディア・コモンズには、 神曲 に関連するカテゴリがあります。. また 河島英昭 訳が〈地獄篇〉より一歌ずつ、 岩波書店 の月刊誌「 図書 」で連載 [9] された。. 北川冬彦訳は、『神曲』地獄篇 [13] の電子版が発売されており、冒頭の第三歌のみを試し読み版でダウンロードできる。(北川訳は、原典の第一歌、第二歌を削除し、またウェルギリウスを登場させずダンテ一人で地獄巡りさせるという原作無視の展開である).

等活地獄(とうかつじごく) 地獄の世界の中で、一番浅い場所に位置するエリア。殺生をすると、ここに落ちます。この地獄に落ちると、死者同士で鉄の爪で相手を引き裂き、骨になるまで戦います。ちなみにこの「等活地獄」は、さらに細かく7つの場所に分かれています。 「 屍泥処(しでいじょ) 」 熱い糞尿の湖に虫が這いつくばり、食いつかれ、皮を破り肉を食われる場所。 「 刀輪処(とうりんじょ) 」 高い鉄壁の中が猛火に包まれていて、大雨のように熱鉄が降っている場所。 「 おう熱処 」 豆を炒るように鉄の甕(かめ)で熱さられる場所。 「 多苦処 」 縄で縛られ、杖で打たれ、険しい岩山から落とされる場所。 「 あん冥処 」 大嵐の吹き荒れる場所。 「 不喜処 」 大火災が昼夜燃え、炎の口をもつ鳥や犬や狐に食われる場所。 「 極苦処 」 鉄の棒で全身を貫かれる場所。 …こんな感じで、以降も残忍な描写が続きます。 2.

新生 していない者が落ちる地獄について解説し、キリストを信じてこの 神の怒り から、迫り来る滅びから、逃れるようにと説教した、 ジョナサン・エドワーズ の『 怒れる神の御手の中にある罪人 』が有名。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

7 … 2. : hell. 1 1. 2 2!

日本(仏教)で伝えられている地獄とは?

天国はどんな場所なのか キリスト教の聖書には、天国は「神の御国」と書かれていて、神によって完全な公平性と正義、秩序が保たれた世界とある。悲しみも苦しみも存在せず、幸せな場所らしい。 一方仏教において天国とは極楽浄土のことを指す。そこには七宝の池という宝が数え切れない宝の沈む池があり、池の水もご利益のある(具体的にどういうことなのかはわからないが)水だという。極楽浄土の樹木も金や銀、瑪瑙で作られていて、これら宝木は並木であり、宝石で編まれた網がかかっているのだそうだ。この網を羅網という。こういった極楽浄土の風景については、「大無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」に記されている。 このようにキリスト教の言う天国と比べて、日本でいう天国、つまり極楽浄土はだいぶ具体的であり、宝で埋め尽くされている点など、案外俗物的である。そもそも仏教において人間は輪廻転生に囚われていて、悟りによって輪廻転生の枠組みから超越する、いわばこの世からの解脱をすることによってのみ、極楽浄土にいける。死ぬだけではだめなのだ。キリスト教は基本的に信仰があれば天国にいけるものの、信仰がなければ地獄に落ちる。.

人を愛する神の姿が、人々を永遠の地獄(後述)に落として懲罰を与える姿とどのように両立するかという問題に対して、 シリアのイサアク が回答を与えている。イサアクによれば、神に愛されない人も場所もない。人が悪を選ぶのであれば、その人は自ら神の憐みを失っている。至福の人・義人には神の愛は喜びとなり、ゲエンナ(地獄)に落ちる人々にとっては愛が災禍となって鞭に変わる。このように、神の愛があるかないかの差異が人それぞれにあるのではなく、愛される人々の状態によって神の愛の結果が変わるといったことをイサアクは指摘している。内面の状態の顕現という点で言えば、この世の終末における人々の 復活 も、存在するものの内面の状態の顕現として顕れるとされており、その事は エジプトのマカリオス や 新神学者シメオン の言葉にも表現されている [32] 。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.

[26] [27] [28]. [4]. [14]. UKIYO-E .

表示 閲覧 編集 履歴表示. 旧約聖書 においても 新約聖書 においても、地獄について記された箇所がある。. ユリウス暦 年 の 聖金曜日 ( 復活祭 前の金曜日)、暗い森の中に迷い込んだダンテは、そこで古代ローマの詩人ウェルギリウスと出会い、彼に導かれて 地獄 、 煉獄 、 天国 と 彼岸 の国を遍歴して回る。ウェルギリウスは、地獄の九圏を通ってダンテを案内し、地球の中心部、魔王 ルチーフェロ の幽閉されている領域まで至る。そして、地球の対蹠点に抜けて煉獄山にたどり着く [3] 。ダンテは、煉獄山を登るにつれて罪が清められていき、煉獄の山頂でウェルギリウスと別れることになる。そして、ダンテは、そこで再会した永遠の淑女ベアトリーチェの導きで天界へと昇天し、各 遊星 の天を巡って至高天(エンピレオ)へと昇りつめ、見神の域に達する。. ゲヘンナ は原語では「ヒンノムの谷」の意である。この谷では アハズ 王の時代に モロク 神に捧げる火祭に際して幼児犠牲が行われたこと、 ヨシヤ 王の改革で谷が汚されたことがあり、町の汚物の捨て場とされた。このような経緯から、新約聖書ではゲヘンナは「来世の刑罰の場所」として考えられるようになった [5] 。一方、 ハデース はギリシャ語の「姿なく、おそろしい」の意から派生したもので、ヘブライ語の シェオル に当たる。古代の神話では死者の影が住む地下の王国とされた [3] 。.

名前空間 ページ ノート.

AT [36] [37]. 31 UTC - Cookie. SDA [ ]. 7 … 2. [30] .

パッカー 『私たちの信仰告白 使徒信条』 いのちのことば社p. キリスト教の聖書には、天国は「神の御国」と書かれていて、神によって完全な公平性と正義、秩序が保たれた世界とある。悲しみも苦しみも存在せず、幸せな場所らしい。 一方仏教において天国とは極楽浄土のことを指す。そこには七宝の池という宝が数え切れない宝の沈む池があり、池の水もご利益のある(具体的にどういうことなのかはわからないが)水だという。極楽浄土の樹木も金や銀、瑪瑙で作られていて、これら宝木は並木であり、宝石で編まれた網がかかっているのだそうだ。この網を羅網という。こういった極楽浄土の風景については、「大無量寿経」「観無量寿経」「阿弥陀経」に記されている。 このようにキリスト教の言う天国と比べて、日本でいう天国、つまり極楽浄土はだいぶ具体的であり、宝で埋め尽くされている点など、案外俗物的である。そもそも仏教において人間は輪廻転生に囚われていて、悟りによって輪廻転生の枠組みから超越する、いわばこの世からの解脱をすることによってのみ、極楽浄土にいける。死ぬだけではだめなのだ。キリスト教は基本的に信仰があれば天国にいけるものの、信仰がなければ地獄に落ちる。.

地獄は永遠であるのかという問題については、 ロシア正教会 の渉外局長である 府主教 イラリオン・アルフェエフ が、 聖大土曜日 の カノン の祈祷文と、 ニッサのグリゴリイ(グレゴリオス) および シリアのイサアク の言葉を根拠としつつ、ゲエンナの世界は終わりを迎え、地獄は駆逐されるが、その終末がいつであるかは人の知恵では知りえない機密のうちに隠されているとする。 オリゲネス 主義者が断罪されたのは、アポカタスタシス(全面復活)思想を合理的に証明し、地獄の苦しみが永遠ではない事を証明しようとしたことによるのであり、これは神慮に属することを思想的投機の対象としてはならないためであったとする。死者のために祈る事の必要性と、神に不可能な事はない事についても、イラリオンは正教要理と同様の聖書の箇所、および ロマ書 と ペトル後書 を挙げつつ言及している。イラリオンによれば、正教教理はオリゲネス主義的なアポカタスタシスの理解を避けるが、 聖体礼儀 および 機密 体験による全ての人々の救いへの期待は否定しない [3] 。.



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -キリスト教 地獄 階層

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0