• ??????

エリーザベト オーストリア 皇后

細部
作成した 27.11.2020
著者: Yoshiko
ビュー: 623

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 彼は詩を綴るだけではなく、チター(南ドイツやオーストリアの弦楽器)の演奏や作曲もできる多才な人物で、祭りの時期になると農民の恰好で町の酒場に足を運び、楽器を演奏した。エリザベートは帽子を持ち、聴衆からチップを集めて回った。町の人々は2人の正体を知っていたが、それを暴くような真似はせずに接した。 エリザベートはチップを「 私が自分で稼いだお金 」と言い、大切に保管していたという。.

そして彼女は、逃げるように各地を旅行して回るようになりました。 ウィーンに帰ることはほとんどなくなり、人嫌いには拍車がかかりました。 人前に姿を見せなくなった彼女のことを、人々は風変わりな女性だと噂し合うようになっていったのです。. ウィーンから遠ざかり、皇后としての役割を半ば放棄したエリザベートに対しては、批判の声もありました。 旅行先での多大な浪費も批判の種ではあったのです。 しかし、ハンガリーにおいては、彼女の人気は絶大なものでした。.

姑の ゾフィー が支配する宮廷は、エリザベートにとって非常に居心地が悪かった。また、ゾフィーは嫁を快く思っておらず、会話の際には敬称を使わせ、嫁の周囲を息の掛かった人間を置いた。 夫のフランツ・ヨーゼフ1世は政務に忙しく、母に頭が上がらなかったので、嫁姑問題には無力であった。宮廷で孤立したエリザベートは、生まれ育った故郷を想う詩を綴っている。. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

この時ぶつかってきた相手は、イタリア人の無政府主義者ルイジ・ルケーニでした。 彼は鋭く研ぎ澄ましたヤスリで彼女の心臓を一突きにしたのです。 傷があまりにも小さく、その場では出血もなかったんですよ。. エリーザベト・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ ( ドイツ語 : Elisabeth Amalie Eugenie von Wittelsbach 、 年 12月24日 - 年 9月10日 )は、 オーストリア=ハンガリー帝国 の 皇帝 (兼 国王 ) フランツ・ヨーゼフ1世 の皇后。「 シシィ 」( Sissi , Sissy , Sisi )の愛称で知られる。ドイツ語表記ではエリーザベトが正しいが、日本では エリザベート とも表記されている。.

草の実堂 色々なものを調べてみる雑学メディア.

1 1. 1 1 2.

夫フランツ・ヨーゼフ1世はエリザベートを愛し、大事にしてくれましたが、ちょうどその頃、クリミア戦争などの対処に追われてなかなか一緒の時間を持つことができませんでした。 代わって、彼女の側で彼女に皇后としての教育を授けたのが、大公妃のゾフィーだったんです。 つまりは、姑ですね。 しかもゾフィーは宮廷のしきたりが第一の、エリザベートにとっては「超」苦手な部類の女性でした。. エリザベートは、フルネームを「エリザベート・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ」といい、オーストリア=ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后です。 愛称は「シシィ」。 夫のフランツ・ヨーゼフ1世は、年の歴史を誇る名門ハプスブルク家の当主で、オーストリア帝国最後の栄光を演出した名君であり、オーストリアの国父と呼ばれて敬愛されました。 エリザベートに生涯愛を注ぎ続けたことでも知られています。.
  • フランツ・ヨーゼフ1世は、見合いの相手であるヘレーネではなく、 妹のエリザベートに心を奪われた 。彼は宮廷で絶大な影響力を持っていた母を相手に自らの意思を曲げず、エリザベートを妻に望んだ。. 一覧参照 ゾフィー ギーゼラ ルドルフ マリー・ヴァレリー.
  • ヴィンターハルター によるエリーザベト皇后(左)とウジェニー皇后(右)の肖像。エリーザベト皇后のドレスは チャールズ・フレデリック・ワース によるデザイン.

オーストリア帝国の皇后エリザベート【シシィ】の生涯について調べてみた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. Twitter で Follow kusanomido. ヴィンターハルター によるエリーザベト皇后(左)とウジェニー皇后(右)の肖像。エリーザベト皇后のドレスは チャールズ・フレデリック・ワース によるデザイン. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. エリザベートは、年12月24日にドイツ南部・ミュンヘンを首都とするバイエルン王国ヴィッテルスバッハ家の傍系の姫として生まれました。 父のバイエルン公マクシミリアンはかなり変わった人物で、しきたりを嫌う自由奔放な人物でした。 家族すらほったらかしで自分のやりたいように生きていた、いわば変人だったんです。 しかしそんな父に愛されたエリザベートは、父の旅行や狩りへ一緒に出かけ、時には素性を隠して街に出たりもしていました。.

E-MAIL - 公開されません -. まりもも 投稿者の記事一覧 幼い頃にシャーロック・ホームズに出会って以来、イギリス贔屓。大学では東洋史専攻.

  • 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』.
  • 世界史 国分け 中国 ドイツ アメリカ イギリス フランス ロシア ギリシア ローマ 北朝鮮 ソ連 インド オーストリア イタリア ハワイ エジプト アトランティス スペイン チェコ アイルランド ハンガリー メキシコ レムリア シュメール ポーランド スイス オランダ マヤ文明 バビロニア スコットランド ユーゴスラビア モンゴル プロイセン王国 アケメネス朝 ポンペイ ベトナム パナマ共和国 エルサレム ソビエト連邦 アルジェリア モナコ公国 マケドニア バベルの塔 ムー ジェノヴァ共和国 ネパール.

328 UTC - Cookie. 2330 …. URL.

美への執着と過剰な浪費

名前空間 ページ ノート. エリザベートは、フルネームを「エリザベート・アマーリエ・オイゲーニエ・フォン・ヴィッテルスバッハ」といい、オーストリア=ハンガリー帝国皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の皇后です。 愛称は「シシィ」。 夫のフランツ・ヨーゼフ1世は、年の歴史を誇る名門ハプスブルク家の当主で、オーストリア帝国最後の栄光を演出した名君であり、オーストリアの国父と呼ばれて敬愛されました。 エリザベートに生涯愛を注ぎ続けたことでも知られています。. 彼女が最初のお妃教育を受けた相手が、ハンガリーの民族であるマジャル人であったことが大きいとされています。 また、姑ゾフィーがマジャル人嫌いであったことが拍車をかけ、侍女はすべてマジャル人とするなど、重用したんです。 娘にハンガリー語の教育まで授けたほどでした。.

Herzogin in Bayern ? 1 1 2. 1224.

生い立ちと自由な少女時代

この記事には 複数の問題があります 。 改善 や ノートページ での議論にご協力ください。. 彼は詩を綴るだけではなく、チター(南ドイツやオーストリアの弦楽器)の演奏や作曲もできる多才な人物で、祭りの時期になると農民の恰好で町の酒場に足を運び、楽器を演奏した。エリザベートは帽子を持ち、聴衆からチップを集めて回った。町の人々は2人の正体を知っていたが、それを暴くような真似はせずに接した。 エリザベートはチップを「 私が自分で稼いだお金 」と言い、大切に保管していたという。. 案内 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

ニュース COVID 歴史 日本史 弥生&古墳時代 縄文時代 飛鳥時代 平安時代 鎌倉時代 南北朝時代 室町時代 戦国時代 安土桃山時代 江戸時代 幕末明治 西郷どん 大正&昭和 西洋史 中国史 三國志 歴史ランキング 生活 飲食 乗り物 地理 海外 イベント 思想、哲学、心理学 宗教 教育 掃除 施設 エンタメ ミリタリー 音楽&芸術 行ってみた IT&ファイナンス 仮想通貨 政治,経済 IoT WordPress 不思議 誕生日石&花(日) オカルト 神話、物語 人物 UMA 古代文明 オーパーツ 恐竜 宇宙 UFO,宇宙人 ホラースポット 【漫画】キヒロの青春.

URL. : Wikipedia.

エリザベートってどんな女性?

しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート ホーム 海外旅行 ヨーロッパ オーストリア しきたりも人も大嫌い!だけど絶世の美女・皇妃エリザベート. 実は、これは姉とフランツ・ヨーゼフ1世のお見合いだったんですが、皇帝は何とエリザベートに一目ぼれしてしまったんです。 母であるゾフィー大公妃の言うことは何でも聞いていた彼が、この時だけは母の反対を押し切り、エリザベートにプロポーズしたんですよ。. エリザベートの父 マクシミリアン はバイエルン王国の王族であるヴィッテルスバッハ家の血を引いており、バイエルン公の爵位を許されていた。膨大な資産をも有する「金持ちの貴族」でありながら、彼には宮廷暮らしが性に合わなかった。.

WW1 … ….



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -エリーザベト オーストリア 皇后

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0