• ??????

縦索式 アレスティング・ ワイヤー

細部
作成した 02.08.2020
著者: Daisuke
ビュー: 350

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

Commencement Bay級はBlock Island、Girbert Islands、Kula Gulf、Salerno Bay、Siboney、 Rendova、Bairoko、Badoeng Strait、Sicily、Point Cruz、Mindoro、Palauの各艦が年当時 在籍し、このうち、Salerno Bay、Bairoko、Sicily、Mindoro、Palauの各艦は年に除籍され ましたが、後の諸艦は、Gilbert Islandsを除いて航空機運搬艦の任に就いております。 Gilbert Islandsは、その広い甲板と格納庫を利用して、通信設備の充実を図り、~63年に 地上の通信設備が核攻撃で被害を被った時に、核原潜に命令を伝達する、通信中継艦に改造 され、Annapolisと改名して、年まで任にありました。 後、Kula Gulf、Point Cruzは、同じ航空機運搬艦でしたが、~69年にMSTSに所属が変更 されています。.

中段の小型機発艦スペースとかアホみたいに短い。 飛行機黎明期はこれでもよかったんだけど、だんだん大型で高性能な艦載機が 開発されるにつれ発艦時の滑走距離が増加。中段は無理、下段でもどうだろう、という状況になり、 なら広くて大きい飛行甲板があった方が良くね?ってことになって一枚になりました。 英国もフューリアスとかで似たような試行錯誤をしています。. 蒼龍自体が「ワシントン条約の建造枠の残り」に合わせた設計で、赤城、加賀を先に 建造していて、鳳翔と龍ジョウ(当初計画t)がロンドン条約で枠に入らなければ 存在しなかった艦形。.

ミッドウェー海戦で加賀4発 蒼龍3発 赤城2発で最終的に沈没になっています。 わずか数発で沈没にまでいたってるのは換装作業中の爆弾や魚雷に誘爆した影響も 大きいということですが、飛龍が3発でやはり沈没しています。. とりあえず爆弾が3発当たれば空母は飛行甲板が壊れるので空母としては使い物に ならなくなる。 後に飛行甲板に急降下爆撃に耐えられるだけの装甲を張る様になるが、そうなると 重くなりすぎて色々と不都合が出た。 イギリスの空母には装甲甲板にして特攻機の直撃に平然と耐えたものがあるが、 装甲化で重くなった分の重心を低くするために格納庫を2段から1段にしなくては いけなくなり、搭載機数が半分になった。 その辺の事をクリアするために、空母はどんどんデカくなって行く。.

さすがに、使う側からは固有の攻撃機も欲しいという意見が出てきて、 結局は戦闘機18機と攻撃機24機を載せ、あわせて他の空母から飛来してきた 機体への補給能力も付与するという、両者をまとめたような形の設計案が 出来上がりました。. 鳳翔 Last-modified: 土 要するに、新しい型を作るたびに、戦訓を取り入れて一からしっかり設計する正規空母に対して、 数が必要だった護衛空母は、その辺で大量に建造している戦時標準輸送艦なんかの設計を流用 してやっつけで大量に数を建造した空母という事になる。. 他のプロジェクト コモンズ. 甲板上の気流の乱れとか言いますが、米空母は普通に上向きだし 日本空母は荒波を考えて開放型格納庫を避けたとも聞くので むしろ日本の場合は下向き煙突だと海水が入り込むリスクがありますよね。.

43 Elevator. 1224OK. atwiki FAQ WW2.

横須賀発・上海に向かう、2月12日上海沖に進出、敵軍・敵基地攻撃に当たる 三式艦戦(常用6+補用4)、一三式艦攻(常用6+補用3). 飛行甲板を強度甲板とした最初の空母はイギリスのアークロイヤルで年に竣工しています。 アメリカ空母の飛行甲板が強度甲板化されるのは年竣工のフォレスタルからとなります。 というわけで、第二次大戦中のアメリカ空母とイギリスのアークロイヤル級以外の空母は 伸縮継手を供えているけれども塗装でいまいちわからないということだとと思います。. 最新の15件を表示しています。 コメントページを参照.
  • 当初の線図では、まず、ケースメート方式で船体に装備されています。 これが、片舷4門、両舷計8門。 残りは、艦橋の前後に連装砲塔4基8門が装備され、合計16門となりました。. また、艦体構造と一体化されておらず支柱で支えられている甲板は、 波等で艦体がたわむと艦体本体とは別のねじれ方やたわみ方をする。 結果艦体との境界部に亀裂が入ったり折れたり支柱が曲がっちゃったり するので、艦の構造上余り好ましくない。.
  • ドイツはそもそも空母の研究開発自体が間に合わなかった。日本は隼鷹級や大鷹級等を 建造運用しているが、これは「普通の輸送船に空母設備を載せて急速建造」じゃなく、 「最初から空母へ改造するための船を商船名目で予め建造」だからニュアンスが少々 異なる。ちなみに、イギリス海軍は「軍艦規格より安く量産できる商船規格でそれなりの空母を 新しく設計」と言うやり方を取っていたりする。. でも日本海軍みたいにリノリウム(合成樹脂の一種)貼ったりすると、更に火災の 危険度が…。 日本海軍は戦争後期にはリノリウムは火災時に危険、ということで剥がしてたけど (そのせいで南方へ派遣された艦は艦内炎熱地獄と化したそうな).

名前空間 ページ ノート. ページは凍結されています 凍結されたページにはいっさいの変更操作ができません。 凍結解除はこちら. 米空母では、パドルと呼ばれる器具を使用して指示を行いました。 パドルとはアルミで出来たテニスラケットを切り詰めたような形の器具で、 視認しやすいように赤や黄色の布が帯状に貼ってあります。 LSO 着陸信号士官 がこれを振ることで着艦しようとする艦載機を誘導するわけですが、 例えば、進入角が適切であれば腕を左右に延ばしてパドルを水平にします。 進入角が浅く、高度が高ければ両腕を上に伸ばしてパドルを高く掲げます。 逆に進入角が深く、高度が低ければ両腕を下に下ろしてパドルを低く掲げます。 頭の上でパドルを交差させて振ったらウエーブオフ 着艦やり直し でした。.

アレスティングギヤ 着艦拘束装置 は空母の登場とさほど間をおかずに出現しています。 初めて着艦拘束装置を装備したのは大型軽巡洋艦を改装した空母「フューリアス」でしたが ユニークな事に、当初の着艦用の設備は後部に縦索式の着艦制動装置と「ゴールポスト」 と呼ばれた安全バリアを併用して着艦させる方式でした。 機体側についた熊手のようなフックと、縦引きのケーブルを接触させて摩擦で止める方式でしたが、 あまり確実な方法ではなく事故が続発したので、現在のような横に伸びたワイヤーに 機体側のフックを引っ掛けて機体を停止させる方法が開発されました。 第二次世界大戦に参加した空母はそのほぼすべてに着艦拘束装置が装備されていました。.

軍艦て機関室や弾薬庫などバイタルパートの保護で、上甲板に装甲はあるけど、飛行甲板に装甲という発想はないから 巡洋艦とか水偵を露天搭載だし 新造時からそういう設計でないと、特に友鶴事件後の日本海軍は重心の上昇を嫌うからな. さすがに、使う側からは固有の攻撃機も欲しいという意見が出てきて、 結局は戦闘機18機と攻撃機24機を載せ、あわせて他の空母から飛来してきた 機体への補給能力も付与するという、両者をまとめたような形の設計案が 出来上がりました。. 時系列を完全に無視してる。WW1直後の複葉機の時代に「大型空母」 を造ろうなんてアタマは「軍縮条約で余った戦艦を流用して」って話以外で出てくるわ けがない。1万t級で十分に運用可能だ。.

2 713 34 m. mm88.

質問した人からのコメント

でも日本海軍みたいにリノリウム(合成樹脂の一種)貼ったりすると、更に火災の 危険度が…。 日本海軍は戦争後期にはリノリウムは火災時に危険、ということで剥がしてたけど (そのせいで南方へ派遣された艦は艦内炎熱地獄と化したそうな). カテゴリ : 艦載機 航空機の構成要素 航空機の離着陸. 日本は第2次大戦前から民間が建造する客船に海軍が補助金を出し 戦争時に客船をすばやく空母に転用できるように設計するなど、事前準備はしていたが、 実際に転用して作った数は、米英と比較にならない。 日本の商船改造空母は7隻建造 アメリカは70隻以上 イギリスは40隻以上は作っている。 (終戦で建造中止とかまで調べていないので、概数) ドイツには計画のみ3隻ほどあったといわれている。 連合国(アメリカ)の圧倒的な工業力の前じゃ真似したって、対抗できるだけの生産は無理. とりあえず、福井静夫さんの回顧録を見る限り、格納庫は前部と後部に一つ宛あり、 前方の格納庫の3分の2は開放式で、此処に偵察機7機、艦爆20機を搭載、後部に は防禦を施して戦闘機20機が搭載できるようになっていました。 但し、この計画数値は、艦爆は流星、艦偵は彩雲、艦戦は烈風を基本に算出してい ますので、それが無い竣工時の時点では、もう少し搭載できたかもしれません。.

arrestor arrestor hook tailhook ? 32720 20 ?

ベストアンサーに選ばれた回答

ここまで数々の問題点を挙げてきたが、失敗ばかりしていた訳ではなく、「 着艦指導灯 」というパイロットの目視だけで最適な降下角度で降りているかどうかわかる、便利な装置が取り付けられていた。当時はフランスや日本が導入していた。 第二次世界大戦中、イギリスやアメリカでは降下の誘導を誘導員の判断で行っていたが、当然技量によって差ができてしまい、着艦事故の元となった。 この装置は第二次世界大戦後各国が導入し、改良された「ミラー・ランディングシステム」は超音速ジェット艦載機が主流の現代でも艦載機の着艦に無くてはならない装置となっている。. ファミ通のサイトで公開されている 公式四コマ漫画 では「全ての空母の母」のイメージが取り入れられ、空母寮の寮母さん的立ち位置。 初登場の第14話では手製の慰問袋が駆逐艦の子達に大人気という癒し系キャラとして登場。まさにお艦。 バレンタイン話である29話では次のハロウィンに備えて慰問袋をたくさん作りためていたことが発覚。 やはり夜なべして作っていたのだろうか。 公式四コマ二巻のキャラ紹介では「趣味は裁縫」となっている。 第16話では終始ご飯の献立を考えてたり、コマと角度によっては他の軽空母より頭一つ身長が高いなど保護者のように描かれたりしている。 何これ超和む。 ちなみに、献立を考える際に加賀を見て 焼き鳥 を、飛鷹を見て 巻き寿司 を思いつくなど無意識とは言え ちょっとあんまり 天然な所も披露された。.

鳳翔建造時、艦載機が着艦する際に排煙の気流が影響を受けるという事態が予想されていたため、これを排除すべく起倒式の煙突が採用された。 しかしこれといった効果が無く無駄に重かっただけで、復元性向上のため第四艦隊事件以後固定式に改められ、多くの空母も固定式を採用していった。 なお、同じ轍は米国版鳳翔にあたる、米海軍正規空母レンジャーも踏んだ。 ただし、鳳翔と異なりレンジャーは引退するまで起倒式煙突(左右両舷に各3本ずつ計6本と世界一多い)のままだった。 気流が乱れると日本海軍が忌避した艦橋一体型の煙突をずっと続けていたり、と米海軍は着艦時の気流にはそれほどシビアではなかったのかも知れない。 同じく米海軍改装空母ラングレーも起倒式だが、給炭艦時代の都合もあり一概に比較は難しい。 別の煙突絡みの失敗といえば、後部排気式を採用した英国の改装空母アーガス。 同じ改装空母の 加賀 がアーガスを参考にしたばかりに同じ轍を踏み、着艦に支障を来す、焼き鳥を焼くなど失敗。 これに比べれば小さい問題であったが・・・。.

422 2 ! 2    2  2  2. 32720 20. 510. 501251 231. 5065mm 5075mm OakumBlack Marine Glue2. KADOKAWATYPE11 930 .

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

当初の線図では、まず、ケースメート方式で船体に装備されています。 これが、片舷4門、両舷計8門。 残りは、艦橋の前後に連装砲塔4基8門が装備され、合計16門となりました。. 着艦の瞬間を捕らえた動画や写真では、アレスティング・フックを用いる航空母艦への着艦時は、機体がアレスティング・ワイヤーの緊張により高度数メートルから飛行甲板または地上へ叩きつけられるように制動されている(降着装置が先に甲板へ降りる場合もあるが、空中でアレスティングワイヤを捕らえ甲板へ叩き付けられる前提で設計している)。アレスティング・フックを用いない陸上基地への着陸に比して、着艦の都度 降着装置 へ機体重量数倍の衝撃が加わる艦上機は、降着装置の構造強化およびアレスティング・フックの抵抗に耐える機体全体の強化が必要不可欠である。. 潜水艦搭載カタパルトは火薬カタパルトでしたよね、 ターンアラウンドタイムが大きくて、全力出撃に支障をきたすので嫌われたのでは。 日本海軍も空母搭載カタパルトの研究を続けていましたが(確かスチーム)、 実用化は出来ませんでした。. 空母が艦載機の運用を行うことを第一義のフネとするならば、飛行甲板は艦載機の運用の都合だけを 考えたい。それを突き詰めていくと、なるたけ多くの飛行機を並べることで発艦を短時間に行えるように したい。とくにカタパルトの後方は発艦待ちの艦載機のためのスペースにするのが望ましい。.

PR ! 32720 20 .



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -縦索式 アレスティング・ ワイヤー

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      09.08.2020 01:51 Ritsuko:
      この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 年11月 ). アレスティング・フック arresting hook とは、主に 艦上機 の機体尾部下方に装備される、可動式の機体制動用拘束フックである。着艦時、 航空母艦 の 飛行甲板 に装備された アレスティング・ワイヤー (アレスター・ケーブル)に引っかけて機体制動を助け、短距離で停止させる効力を持つ。飛行中は折りたたまれている。.

      12.08.2020 14:36 Yuriko:
      大戦が始まって大量に護衛空母を建造したら、余ってしまって、最前線まで戦闘機の輸送用に使用 してみたり、どうせならそのまま艦隊決戦に使ってしまえとなったりして、最後は正規空母と同じような 扱われ方をしたけど、ま、それはアメリカが圧倒的に勝っていたからできたこと。.

      08.08.2020 03:20 Risako:
      当初計画に於いては、加賀、蒼龍などに於いても煙突を艦上に立てていましたが、 第四艦隊事件の結果、重心位置が高くなることが判明して、舷側煙突を採用しました。 また、赤城が採用した同じ煙突が好成績を上げていたのもあります。.

    ????

    ???