• ??????

ポケモン サトシ リザードン 小説

細部
作成した 22.08.2020
著者: Mamoru
ビュー: 118

評価:  5 / 5

スターはアクティブです
 

ピカチュウを肩に乗せている青年が、小さくつぶやく様に言った。 歓声で掻き消されそうな声を、彼の小さい相棒は聞き逃さなかった。 「ピカ? 「やっとここまで辿り着いたのか……って感じだな。もっと感動するもんかと思ったけど……案外感慨深くはないもんだぜ 「ピーカ! そんなもんだと言いたげにピカチュウは青年の頭にポンと手を乗せる。 青年は少しばかり苦笑しながら、向かい側にいる対戦者の顔を見た。 表情の窺い知れない、未知の相手だ。 青年はそっとピカチュウを撫でた。 「……さあ行こうぜ、相棒。 『遂に!遂に我々が待ち望んでいたバトルが始まります!このバトルは、史上初となるポケモンマスターの称号を与えられる、明確な証となります! その様子は、今まで彼を支えてくれた者、敵だった者、ライバルだった者達が、全世界の同時中継によるテレビやラジオで、詳細を余す事なく伝えられた。 やがてバトルが始まり、伝説とまでになった攻防戦を出し惜しみ無く両者繰り広げる。 やがてそれも終わり、あまりの壮絶さに観客達は圧倒され、沈黙が漂う中……今大会の優勝者はサトシという少年で幕を下ろした。.

ヒカリは更に何かを言おうとしたピカチュウの言葉を遮って抱きしめた。 泣きそうなピカチュウに代わって、ヒカリは静かに涙を流す。 ヒカリ「貴女は真っ直ぐすぎるのよ……だからそういう言い方しか出来ないの ピカチュウ「……真っ直ぐなんかじゃないよ ヒカリ「……劣情とか、そんなの言い方の問題じゃない……本気で好きならそういう気持ちにもなるよ。それはポケモンだけじゃない、人間だってそうよ……貴女はそれ以前に……サトシを守りたいとか、独り占めしたいって気持ちがあるんでしょう? ピカチュウ「…… ヒカリ「それが好きって事でいいじゃない……ただただキレイな恋愛なんか無いよ。無理にそんな劣情なんて言葉を当てはめる事無い…… ピカチュウ「……ヒカリに抱きしめられると何だか安心するよ……ありがとう……そうだね、僕はただ少しばかり卑屈になっていただけかも。……でもね、ヒカリ ピカチュウが次なる言葉を吐こうとした瞬間、バスルームの照明が消え、あたりは闇に包まれた。 ヒカリが何事かと立ち上がろうとすると、ピカチュウがそれを遮って湯船に引き戻す。 ヒカリ「どうしたの? ピカチュウ「……囲まれてる。今はサトシを待とう サトシ「居るぞ、さっき確認してきた。電気線は切られてる、相手は暗視装置まで用意してたぜ お風呂場から脱衣場を繋ぐ、すりガラスの先からサトシの声が聞こえてきた。 ヒカリはイマイチ状況が掴めず、混乱した様子で尋ねる。 ヒカリ「……何があったの? ピカチュウ「敵だよ……ゴメンねヒカリ。本来は巻き込む筈じゃ無かったんだけど。……でも、いい機会だ ヒカリ「えっ? ピカチュウ「僕を見てて……ヒカリ、僕は君が思う程、純粋じゃないんだ。真っ直ぐなんかじゃないんだよ……ヒカリは大好きだから、本当の僕を見て欲しい.

ポケモンセンター ポケモンキッズ ポケモンカー ポケモンジェット ポケモンパン ポケパーク ポケモンガーデン ワールドチャンピオンシップス S.

スタジアム ボックス コロシアム XD バトルレボリューション バンク・ムーバー ホーム. ヒカリは今度は近くにあった建物に触れてみた。 すると先程と同じ様に、光の粒子となって空中で散開する。 師匠「ここはワシの記憶を元に構築された創造世界だ。ワシは創造主のように現実に世界を創り変える事は出来んが、他人の脳に自分の意識をダイブさせて一度経験した事柄なら多少作り変えて他者に体験させることが可能だ。これを応用して記憶改編を行なったりもする 師匠がそう言いながら指パッチンをすると、今度は自動的に辺りにあった建造物や人が粒子となって次々と消えていった。 やがて数十秒程で 周りにあった物質全てが消えた様だ。 辺りを見回せばヒカリと師匠のいる空間は無機質な真っ白い空間に様変わりしていた。 どこまでも虚無的な白の地平線が続いている。.

異世界 ファンタジー チート ゲーム アクション 異能力バトル SF 現代 学園 青春 スポーツ 日常 文学 歴史 ノンフィクション ミステリー コメディ シリアス ホラー ギャグ 恋愛 BL オリジナル クロスオーバー 艦隊これくしょん 東方Project Fate 鬼滅の刃 炎炎ノ消防隊 ポケモン. アニメ版では語られない ジムリーダー の収入源やポケモン世界のシステム・実情・歴史 [2] 、キャラクターの裏設定などが書かれている。また、 ダーウィンの進化論 をポケモンの進化の謎について絡めるなど、現実の歴史上人物や話、地名などが使用されている。ただし小説版オリジナルの設定も含まれているため、アニメ版と矛盾する設定も多々ある。アスペクトから出版された最初期の攻略本『ポケットモンスター図鑑』でも、一部本作と共通する設定が語られている。.

ピカチュウ「ヒカリ……ボクは正真正銘のサトシのピカチュウだよ。五年前、君と一緒に旅したのもボクさ。……今は姿が違うけど、ヒカリの事は大好きだから信じてほしいな。 ヒカリ「……一体どうなってるの?貴方がピカチュウなのを信じたとしても……どうして人の姿に? サトシ「その辺も踏まえて全部説明するよ、皆んなに説明した二年間音信不通で山に篭って修行してたって話……アレは半分本当で半分は嘘なんだ。 ヒカリ「嘘…… サトシ「騙したみたいで悪いけど……こっからの話はお前らの命が危うくなるからしょうがないんだよ。だから俺が今からお前に話す内容も、危険が及ばない程度に大まかな内容だ。聞いてくれるか? 命が危うくなる様な話とは……一体どんな事をサトシは体験してきたんだろう? ヒカリは緊張して胸が苦しくなるのを感じていた。 だが、それを振り払う様に彼女は自らの頬を叩く。 そしてヒカリは決心を固めた様に、口を開いた。 ヒカリ「うん……でも、私には大まかな話じゃなくて、全部聞かせてほしいな。だって私達……大事な仲間じゃーーーー サトシ「ダメだ。全部は話せない。 切り捨てる様にサトシは言い放つ。 その事にヒカリはショックを受けていると、サトシはそれが分かっているのか、顔を歪めながら話を続ける。.

隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ. BW アイ アム ア ヒーロー.

……………… ………… …… ……. : :. …… …… …… …… …… ……. …… …… …… ………… ………… …… …… ……. …… ………… …… …… …… .

掲載: 占いツクール 作者: 菜花黄名子.

Pixivへようこそ

ヒカリ「きゃっ!?一体何がどうなっ……痛! ヒカリは空中から地面に落とされ、尻餅をついた。 彼女は涙目でお尻をさすりながら、立ち上がると……無言でそんな彼女を見つめる三人がいた。 ヒカリ「あ、あはは……ど、どうも〜。ちょっと夜道を散歩してたら偶然……眠たいからテントに帰るね、サトシ…… サトシ「家からつけてたのは気づいてたよ、ヒカリ。そんなお前に話しかけなかったのは……大事な話があるからだ。 サトシ達に背を向けて帰ろうとするヒカリに対し、サトシはそう言った。 ヒカリは恐る恐るサトシに振り返ると、質問をする。 ヒカリ「は、話?何の? サトシ「お前が今日茶化されたルカリオの事だよ。ゴメンな、あれ夢じゃないんだわ。 ヒカリは自分の心臓が早く脈打つのを感じた。 ヒカリ「えっ……でもタケシ達も気絶した私をバスから運び出したって。 サトシ「上書きだよ。この切り株の上にいる師匠に手伝ってもらって、全員の記憶を改変したんだ。……何でかお前だけ記憶を保持したままだったけどな。 ヒカリ「えっ、えっ?……か、かいへん?何でそんな事が……ていうか師匠って……その女の子の事なの?その女の子モンスターボールから出てきたよね?……い、一体何がどうなってるの?.

サトシ「トレーナーが直接攻撃される様な異常事態に、正攻法なバトルしかやってこなかったゲンガーは放心状態に陥る。その間に更に一撃を加えるわけだ グジャっという音と共に、レッドの方から何やら白いモノが飛んできた。 赤黒いモノに覆われたそれを歯だと気づくのに、ヒカリは数秒を有した。 それと同時に放心していたゲンガーがようやく動き出した。 顔を怒りに染め、猛然と突進していく。 それをみてサトシはにこやかに微笑んだ。. ピカチュウ・Let's Go! レンジャー バトナージ 光の軌跡. 掲載: 占いツクール 作者: 水星少女. それに、ポケモンならざる力を持たぬ生物……とは、一体何のことなのだろうか? ヒカリは脳裏に沢山の疑問符を浮かべたまま、少女の言葉に傾注する。 ??「その国家に身を置く人間達は切り札として、大いなるもろ刃の剣を持っていた。自分達の首まで落としかねない代物じゃ。在ろう事か、愚かな人間達はそれで斬り合う事を選んだ。大地は荒れ、気候は変動し、都市は消滅した。一瞬の熱線を持って、世界の殆どは蒸発したのじゃ。 ヒカリ「……それは、もろ刃の剣とは……人間の生み出した兵器、の事ですか?そんな力を持った兵器なんて……私聞いたことありません。 それだけでない。 彼女の語る歴史はヒカリが幼少期より、聞き及んだ事とは全く違っている。 ヒカリの認知している歴史とは、古来、人とポケモンが争いの果てに共存して、今の形を成しているという事だけだ。 ??「そうじゃろうな、この世界に統べる人間達のほとんどがその事を知らん。知っているのは私の認知しているだけで一人だけ、創造主だけじゃ。 ヒカリ「創造主とは……神の事ですか? ??「違う。神などと存在も確かでは無い戯けた存在と一緒にするでない、創造主は創造主。人間じゃよ。人間達をポケモンの姿に変え、変動した過酷な地に順応させた慈悲深き悪友の事じゃ。変動した地から逃げる様に地下に篭り、平穏となった世界に再びノコノコと現れた人間達は大層、驚いていたぞ。自分らの知らぬ内に、地上では未知の生物達が世界を支配しているのだからな ヒカリ「……そ、その創造主とやらが悪友とは……どういう事なんですか?それとまるで……その場で、それを見てきたかの様に話されるんですね? ??「おお、見てきたとも。創造主とは幼馴染でな、姉妹の様に仲が良かったのじゃが……。ふむ、ところで小娘、貴様にはワシが何歳に見える? ヒカリ「は?……えーと、じゅう……ろく? ??「ふむ……若く見られるのは悪く無い事じゃ。じゃが、話の流れで察して欲しいモノじゃのう。ワシも暫く眠っとったから定かでは無いが、二千を超える年はとっておる。 ヒカリ「にせっ!?え!?.

  • アニメ ポケットモンスター サトシ 恋愛. 屋内は外より騒がしかった。 聞き覚えのある音が断続的にヒカリの耳を揺さぶる。戦闘員は忌々しそうに銃を握りしめていた。 戦闘員「散発的に銃声が響いてるな……上階からの様だ ヒカリ「敵は屋上からもポケモンを投下したみたいよ、こちら側もポケモン投入で対抗した方がいいんじゃないかと思うけど…… 戦闘員「最初に一番戦闘経験の高いカイリューが投入されたんだが、一発でやられちまってな。司令の命令で最後の局面まで使うなだとよ。ホワイトホールの大部隊が迫っている今はもう投入されてんじゃねーのか?アンタが司令に直々に通信伝達したからな……そういやあれから命令は下ってねーのか? ヒカリ「特に目立った命令下達は無いわ……それより貴方無線持って無いの?命令伝達はどうしてたの? 戦闘員「インカムが足りなくて通信係の奴が命令を伝えてたんだ。俺たちって意外と…… 戦闘員がそこまで喋ったところだった。 突然彼の体が宙を舞い、地面に叩きつけられる。 ヒカリは何が起きたのか身構えながら一歩下がると、それを追尾する様に俊敏な人影がヒカリに迫ってきていた。 その人影はヒカリの腕をとり、一本背負いで投げ技を放ってきた。 ヒカリは空中で態勢を立て直し、地面に叩きつけられる前に壁を蹴って遠心力を増してキレイに着地してみせた。 ヒカリはその人影を蹴って距離を取ると、戦闘員の落とした自動小銃を拾って構える。 相手も同じ様に銃を構えていた。 しかしそれは自動小銃ではない、対外部門が使うプラズマガンだった。 そしてーーーそれを構える人物はーーー金髪のショートカットの髪を揺らめかせている、ヒカリと同年代くらいの少女だった。 ヒカリ「そのプラズマガン……貴女、対外部門? セレナ「答える義務は無いわ、テロリスト。大人しく銃を下ろしなさい その邂逅は誰にも予測する事は出来なかっただろう。 ヒカリとセレナ。 2人の最初のコンタクトは、最悪な形で幕を開ける事となる。.
  • 追いついた! とても面白いです。 しえーん あと、一ページ目のヒカリのトライポカロンって奴あれ、カロスでしかないですよ。シンオウとホウエンはトライポカロンではなくポケモンコンテストです。ちなみにポケモンコンテストに出る人のことをコーディネーターと呼びます。 P.

: :. ………… …… …… ……. ……………………………… …………… ………… ………… …………………… …… …… ……. …… …… …… .

ポケモン小説~中学生編~⑤

心のファンファーレ ポケモン言えるかな? ヒカリが双眼鏡を覗いてみると、凄まじいスピードで飛翔するリザードンの姿が見えた。 レンズから見失わない様に、ヒカリは必死でそれを追いかける。 サトシ「さっそく反応だ……この反応、出現地点からして……野生のそれじゃない。ヒカリ、双眼鏡をリザードンじゃなく発電所の方に向けて見てくれ、俺の予想だと…… ヒカリ「え!?分かった……ん、アレは!? ヒカリ・サトシ「カイリュー 驚くヒカリを他所に、サトシは平然とその名を口にする。. 名前空間 ページ ノート. ソーヤ「嘘じゃねぇよ……それとな、セレナ。サトシって奴を俺が知らない訳ねぇだろ。何たって世界チャンピオン様だ、世界一の超有名人だぜ?そんな奴が田舎娘のセレナには釣り合う訳がねぇよ。お前が傷付く前に俺が追っ払ってやったんだ セレナ「な、あんた何言って…… ソーヤ「なあ、セレナ。それでさ、俺がチャンピオンと話してから数日経ってちょっとしてからよ、こんな面白いもんが届いたんだ、見ろよ、傑作だからよ ソーヤはそう言いながら、懐からハガキの様な物を取り出してセレナに投げつけた。 セレナは恐る恐るそれを拾い、中身を確認する。 セレナ「なっ…… ソーヤ「笑えるだろ?彼氏さんもどうぞだってよ。楽しい楽しいパーティーの招待券だ。期日は来週の金曜日、お前は厳しい全寮制のスクールだから行けっこないよな? セレナがストンッと床に尻餅をついた、その顔は呆然と手紙を見つめている。 やがて瞳から涙を流し始めたセレナに、ソーヤはニヤリと口角を釣り上げて笑みを浮かべる。 ソーヤ「なあ……セレナ。そんなに落ち込むなよ、俺がいるじゃねぇか?……俺結構モテるんだぜ?どうせチャンピオンはお前の事なんか相手にしないんだから、俺と……えっ? ゆっくりとセレナに近づき、髪に触れようとしたソーヤの手には鋼鉄の冷たい棒が押し当てられていた。 その主の正体は……紛れも無く、セレナだった。 ソーヤは、しばらく鳩が豆鉄砲食らったかの様な表情を見せていた。 対するセレナは……怒りを浮かべた冷静な表情を見すいた。 セレナ「住居不法進入、他者の所有物隠蔽……これだけやれば現行犯逮捕のヤマのら.

…… …… …… ………… …… …… …… ……. …… …… ………… ………………………… …………….

サトシ「さあ……いこうぜ相棒」

シゲルはそれだけ言うと、携帯の通話を終了させる。 そして……座っていた椅子から立ち上がると、カーテンを開いて外を眺めた。 気づけば陽も落ち、外は夕闇に包まれていた。 シゲル「明日はいよいよ皇太子の来訪か……このタイミングで発電所を占拠した楽園協議会、関連が無ければいいが……なんてのは希望的観測か。……サトシ、お前はどう動く?お前は敵なのか、それとも…… …………………………… ……………… 「ねぇサトシ……発電所に向かうんじゃなかったの?どう見ても此処は…… ヒカリが困惑した様に言葉を放った。 伏せの状態で双眼鏡を覗き込んでいたサトシは振り方えって微笑を浮かべる サトシ「この丘がベストポジションだ。この高所からなら発電所とその一帯が充分に見渡せる そう言ってサトシが指差した直線上。 赤い稼働中のランプが煌めく地熱発電所だけが森林の中央で、妙な威圧感を放っていた。 陽が落ち、発電所の周り一帯は月も雲に隠れて辺りは静寂と闇が支配している。 ヒカリ「……ここからどうやって発電所を取り返すの? サトシ「その手段が軍団バトルだ。軍団バトルってのは地方連合以外で使われる一般的な戦い方みたいなモンで、ポケモンも道具も無制限、持てる戦力を持って戦略的に戦う。そもそも一対一で正々堂々と戦うやり方なんて地方連合だけなんだ.

ポケットモンスター Afterstory. 空間が大きく揺らめいて、存在を視認出来ないほどの強力なバリアだ。 並々ならぬオーラとパワーをヒカリは感じた。 「ポチャア!ポチャア! ポッチャマに声をかけられ、ヒカリはハッと我にかえる。 ポッチャマは床に横たわるおばあさんを指差していた。このままじゃあ早く病院に行けないって事だろう。 ヒカリは意を決して運転席へと歩みを進めた。 「運転手さん!バスの扉を開けて! 「お、お客様!?今外に出るなんて無茶ですよ! 「大丈夫!私こう見えてもトレーナーだったんだから!ポッチャマと私であのポケモンを何とか引き付けるから貴方は早く町に向かって! 「で、でも…… なおも食い下がる運転手に、ヒカリは胸ぐらを掴んで叫ぶ。 「良いからお願い!私に任せて! 運転手はコクリと頷いて外へと出るドアのボタンを押した。 ピーッと音がして、扉が開く。 ヒカリは幾つかの小銭を料金入れに放り投げ、勢いよく外に出た。.

: ssnote : MGS, ポケモン サトシ リザードン 小説. …… …… …… ……. …… ………… …… ………… …… …… …… ……. ………… …… ……35 3. …… …… …… ………… …… …… …… ……. …… …… …… …… ……. : : 2.

セレナ「何が若いウチからしか出来ないですか!スイレン部長だって見るからに若いじゃないですか! スイレン「へー、幾つに見える? 突然そんな話題を切り出したスイレンにセレナは呆気にとられながらも、暫く考えてから答えた。 セレナ「十……九。十九歳くらいですか? スイレン「わー、年上に見られたのは初めてだよ。新鮮な驚きだね。因みにセレナ捜査官とはタメだよ セレナ「同い年ですか!?てっきり公安の部長なんて役職についてるから結構上かと…… スイレン「成る程ねー、まあ君の考えることも最もだね。じゃあそろそろ行こうか セレナ「えっ何処へですか? スイレン「発電所だよ?時間がないから急ごっか セレナ「…… 暫く、公安事務室に沈黙が支配した。 ……………………… …………. 一瞬間が空いて、サトシは笑みを浮かべて口を開こうとした。 それを遮るように、唐突に喋りだしたピカチュウの声が車内に響き渡る。 ピカチュウ「そうだね……ヒカリ。僕とサトシはある意味では一番の理解者同士だと思うよ……なんせ感覚を共有してお互いの全てを曝け出したんだから……今となっちゃあサトシはもう一人の僕であり、僕はもう一人のサトシなんだ。素晴らしそうに聞こえるだろ?でもね、全てを知ってしまったその後の僕達は仲良しコンビでも相棒でもない。とても歪で理解しがたい関係となったんだ ヒカリ「…… サトシ「おい…… サトシは低い声を出してピカチュウを静止しようとしたが、ピカチュウは言葉を辞めない。 ピカチュウは不敵な笑みを浮かべながら、ヒカリに向き直って言葉を続ける。 ピカチュウ「一番理解しているからこそ、分かるんだ。今この瞬間、人間の姿でいる僕はサトシにとって……不必要な サトシ「オイッ!!! サトシの悲鳴に近い声が車内に響き渡る。 ピカチュウが言葉を辞め、サトシの方を虚ろな目で見ると同時に。 サトシがピカチュウの襟を掴んで、驚いている彼女に向かって口を開いた。 サトシ「お前は相棒だ!それでいて俺の唯一無二の、かけがえのない家族だ!今度そんな事を言ってみろ、ぶっ飛ばすぞ! サトシがピカチュウの襟を乱暴に放して、運転を再開する。 ピカチュウは少し伸びてしまった新しい服を見て、申し訳無さそうに笑いながらヒカリを見た。 ピカチュウ「ゴメンね……ヒカリ。折角楽しい雰囲気を壊しちゃって…… ピカチュウのその言葉に、ヒカリはクスッと笑う。 ピカチュウはヒカリの予想外の反応に驚いている様子を見せていた。 ヒカリ「サトシも同じ事言ってたわ、車内で雰囲気ぶち壊してすまないって サトシ「…… ヒカリ「やっぱり貴方達……似てるわね.

ヒカリ「……そうですか? 師匠「まあ、サトシの場合はこんな紛い物の創造世界ではなく、実際に中東の紛争地帯に放り出してやったがな。お前もそうしたかったが我々には余り有用な時間が残されていない。今回は短期間の研修で許してやったんじゃ、感謝しろ 師匠はそう軽く言うと、懐から何やら一枚の紙切れを取り出した。 四つ折りにされたそれを片手でふってパンッと伸ばし、ヒカリの眼前へと向ける。 それはクレヨンで書かれた色付きの絵だった。 幼い子供が書いた様な乱雑な絵で、それはポケモンと思わしき生物が書かれていた。 ヒカリ「……コレは? 師匠「創造主の書いた絵じゃ、全ての始まりでもある ヒカリ「……すみません、ずっと気になっていたんですが……貴女の口から出る創造主という存在は……一体何者なんでしょうか?.

…… …… …… …… ……. Together Together .



人気の素材:

タイプミスを見つけましたか? テキストをハイライトして押します Ctrl + Enter.
  1. -
  2. -ポケモン サトシ リザードン 小説

あなたのレビューを残します

コメントを追加

    0
      23.08.2020 08:13 Sakura:
      ポケモン サトシ. 皆んなが一時解散してから、サトシはタケシと一緒にパーティーの最低限の片付けをして、俺たちもそろそろ寝るかと話をしていた時。 不意に背後から元ロケット団の三人からサトシは声をかけられた。 ムサシ「ジャリボーイ、ちょっと良い? サトシはタケシをチラリと見て、先にテントに行っててくれと目で合図する。 タケシは短く手を振ると、アクビをしながらテントに向かって行った。 サトシ「場所を変えるか。裏庭に行こうぜ コジロウ「そうしたいが……他にもお客さんだ、サトシ サトシはコジロウに言われてその方向を向くと、思い立って足を止めた様子のシトロンが居た。 シトロン「あっ……用があるようなら僕はこれで シトロンが立ち去ろうとするとニャースが待つニャ、とシトロンを止めた。 ニャース「別にニャー達は急ぎじゃないニャ。明日でも構わないから遠慮するなニャ。 ニャースはそう言ってムサシとコジロウに目で合図を送り、背中を見せる。 不意にニャースは何かを思い出したかの様に振り返り、サトシに歩み寄ってA4サイズの茶封筒を手渡す。 ニャース「新メニューニャ、レシピありの企業秘密だから他の奴には見せるなニャ。ニャー達はバンで一晩明かしてから店に帰るから朝の8時までにコレを見とけニャ。 サトシ「……了解。 サトシは顔を曇らしながらそれを受け取ると、立ち去るニャース達を見送ってからシトロンに向き直る。 サトシ「どうしたシトロン?まあ、まだ俺もお前とは話し足りなかっから調度良いや。 シトロン「……僕もです、サトシ。.

      25.08.2020 02:10 Masakazu:
      ヒカリ「え〜……合わせるだけだからちょっと出てもらってよ サトシ「分かったよ……ちょっと人気の無いところ行ってくる サトシはそう言うと、渋々その場を離れていった。 ヒカリが暫く服を物色していると、ピカチュウを連れたサトシが帰ってくる。 ピカチュウは店内に入るなり、キョロキョロと立ち並ぶ服を見て訝しげな顔をした。 ヒカリ「ピカチュウ、ゴメンね疲れているのに……ちょっと可愛い服があるから合わせさせて ピカチュウ「?別に疲れてないからいいけど…… ピカチュウの言葉を聞き、ヒカリが疑惑の目でサトシを見ると、彼はヤバイという表情を浮かべて誤魔化す様に別のブースの方を眺め出した。 ピカチュウ「えっ!?……ヒカリは僕にこんな服を着させる気なの? ヒカリの持っている服を見て、ピカチュウが驚きの声を上げ、ヒカリの意識はそちらへと移行する。.

      24.08.2020 09:40 Yoshimasa:
      サトシ「どこまで話たらいいのか……うーん。まあ、成り行きってやつだな。ロケット団の三人組が深く関係してるんだ。今日あいつらが来るから詳しい事は奴らも交えて皆んなに話すよ。 タケシ「おお、アイツらも来るのか。楽しみだな。 マサト「へっ?ろ、ロケット団? マサトは和気あいあいと喋るサトシとタケシを他所に、体を硬直させ、フリーズする。 それをサトシとタケシはおかしな物を見る様な視線を送った。 タケシ「マサト、まさか覚えてないのか?あの喋るニャースと男女の二人組だ。あんなキャラの濃い奴らを忘れる訳ないよな? サトシ「一々丁寧に自己紹介する笑えるやつらだよ、本当に覚えてないのか? マサト「わ、忘れる訳ないだろ!僕が驚いたのは何で敵のロケット団がパーティーに来るんだよ! マサトが地団駄を踏みながら訴えると、サトシとタケシはお互いに顔を見合わせる。 サトシ「あれ……言ってなかったっけ?変だな……アイツらも結構巷じゃ有名人な筈だろ? タケシ「まだカントーではの話なんじゃないのか?違う地方には知名度が行き渡ってないのかもな。.

    ????

    ???